2005/06/08

[My Favorite:T.Rex:3] Children of the Revolution/T. Rex

Marc Bolan & T. Rex/Born To Boogie

Marc Bolan & T. Rex/Born To Boogieより

話題のBorn To Boogie復刻DVDのCD版より。DVDを見ても思うのだが、一番驚くのがリズム隊の強さだ。これまでT. Rexのライブ音源を聴いたことがないと思うのだが、こんなにタイトだとは思わなかった。あと、最近の復刻DVDで顕著な傾向として、とにかく色が鮮明。すばらしい一品です。Marc Bolanもすごく楽しそうに演奏してるし。

DVDは恐らく全部で4時間を越えるものなので、まだ全編見れていないが、印象的なシーンのひとつが、Elton Johnのグランドピアノで始まる"Children Of The Revolution"だ。グランドピアノの真ん中からMarc Bolanが首を出して歌い始めるのだが、このシーンもシュールでかっこいいものになっている。ちなみにこのシーンに関してはオリジナルテープとリマスター後の映像の違いを見せるトラックがDisk2に収録されているが、オリジナルの映像はMarcの顔が白塗りのお化け見たくなっているので、本当に今の技術には感心させられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/24

[My Favorite:T.Rex:2] Rip Off/T. Rex

T. Rex/Electric Warrior

T. Rex/Electric Warriorより

ここ数日、T.Rexをよく聴く。明日にはBorn To BoogieのCDがリリースされ、Electric Warrior以外の既存アルバムが再発されているという世の中的な流れもあるとは思うが、今更ながらに思うのはT. Rexの影響の大きさだ。あまり語られることはなかったと思うが、確実にNew WaveやGarage系のバンドでも通用するような部分がある。Slider以降はあまり売れなかったという事実はあるにせよ、曲が優れているのも含めて、今更ながらに個人的にJustだ。自分の中では再発見といってよい。

で、Rip Offだ。
この曲も親友が中学生のころ作ってくれたベストテープに入っていた曲で、Electoric Warrior同様に一番最後の曲だった。今聴いても思うのだが、この曲のガチガチ感はいったいなんだろうか。恐らく当時のMarc Bolanは無敵状態だったんだろう。サイコーにでたらめで、サイコーにしびれる曲である。

最高傑作がElectric Warriorなのか、Sliderなのかは個人的には優越つけがたいなぁ。ただし、本当にBolanに駄作なしなので。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/16

[My Favorite:T.Rex:1] Desdemona (by John's Children)

John's Children/The Complete John's Children

John's Children/The Complete John's Childrenより

これまであまりアーティストも被らないようにしてきたのだが、やはり無理そうなので被りそうな場合には今回のようにタイトルにつけておくことにしました。
ということで、My Favoriteシリーズ第1回はT. Rex。といってもT. Rex(Tyrannosaur Rex)結成前にMarc Bolanが加入していたバンド"John's Children"のDesdemona。

T.Rexに関しては実はこれまでアルバムも全部持っているわけでなく、今になってはまってたりしているんだが、この曲との付き合いは古い。というのは、中学生のころにT. Rexが好きだった親友にT. Rexのベストカセット(というのは最近のこどもたちはするのだろうか?CDになって、しかもiPodとかできた日にはしないんだろうな、きっと)を作ってもらったんだけど、その1曲目がDesdemonaだったからだ。ただし、この曲がJohn's Childrenの曲だとわかったのは、その時のカセットと同じ曲順でiTuneのプレイリストを作ろうとした最近だったのが、なんともではある。
ということがあったくらい、ボーカルスタイルも含めて、後のT. Rex時代の音に近いものがある曲でこのアルバムの中でも異彩をはなっている。当時のプレイリストをつくるためだけにこのアルバムを購入したのだが、60年代のB級ブリティッシュロックが好きな人以外にはお奨めできる内容ではない。内容としてはこれ以外の曲やアルバム自体もちょっと散漫な印象がある。また当然輸入版なので中は英語で解説など載っているのだが、これも非常にわかりにくくクレジットもきちんと書かれてません。
そういえば、やつはどのアルバムからこの曲を持ってきたんだろうか?うーん、今度聞いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)