2012/04/23

ただの備忘録(2011/8/12 Sonicmania, 8/14 Summer Sonic 2011, 8/15 Public Image Ltd.@新木場Studio Coast)

完全に今頃ですが、2012年の4・5月の怒涛のライブ三昧に先立ち、片付けるものを片付けなきゃということで単にサボってたこちらへの入力で済んでない昨年のSummerSonic関連について、一応メモ書きを残しておこう。

・Sonicmania
Primal ScreamのScreamadelica再現ライブ!まさかScreamadelica後にこんなにやるとは思えず。

・Summer Sonic 2011
Suedeはまじで素晴らしかった。単独で来日してほしいくらい。PiLは次の日に単独で見ている&Suede移動のため、途中まで。あと、Jon Spencer Blues Explosionを見たような。Red Hot Chili PeppersはSuedeのために見れなかった。昔からつくづく見逃すことが多い。

・PiL@新木場Studio Coast
以前のSummer Sonicで見たPistolsは本当に糞だったけど、PiLは面白かった!John Lydonがやりたいの明らかにこっちでしょ。ちっとも古くなかったし、むしろ演奏達者なメンバーを集めた今回のライブはよい。5月には新アルバムとの話。Summer Sonicの時もそうだけど、1曲めはPublic Imageだとばっかり思っていたので、(This Is Not A) Love Songだったのはびっくりしたのを思い出した。

で、以下セットリスト。

2011/8/12 Primal Scream @ Sonic Mania setlists
1. Movin' On Up
2. Slip Inside This House
3. Don't Fight It, Feel It
4. Damaged
5. I'm Comin' Down
6. Higher Than The Sun
7. Loaded
8. Come Together
9. Country Girl
10. Jailbird
11. Rocks

2011/8/14 Public Image Ltd. @ Summer Sonic 2011 setlists
1.(This Is Not A) Love Song
2.Home
3.Public Image Ltd
4.Albatross
5.Flowers Of Romance
6.Warrior
7.Bag-Chant
8.Religion
9.Death Disco
10.Rise
11.Open Up

2011/8/14 Suede @ Summer Sonic 2011 setlists
1.The Drowners
2.She
3.Trash
4.Filmstar
5.Animal Nitrate
6.To The Birds
7.The Wild Ones
8.We Are The Pigs
9.Killing Of A Flashboy
10.Can't Get Enough
11.Everything Will Flow
12.Pantomime Horse
13.So Young
14.Metal Mickey
15.Heroine
16.New Generation
17.Beautiful Ones
encore:)
18.Saturday Night

2011/8/15 Public Image Ltd. @ Studio Coast set lists
1.(This Is Not A) Love Song
2.Poptones
3.Home
4.Public Image
5.Albatross
6.U.S.L.S.1
7.Flowers Of Romance
8.Psychopath
9.Warrior
10.Disappointed
11.Bags
12.Chant
13.ReligionⅡ
encore:
14.Death Disco
15.Memories
16.Rise
17.Open Up

で、4/20からの分はGW中には終わらせたいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/20

2011/07/18 Manic Street Preachers @ 新宿Blaze

昨年11月以来のManics。一昨年のNano Mugen Fes.のリベンジだと思うが、今回は単独もやってくれてありがたい。しかし、Ashとカップリングとは豪華だ。無事にチケット入手できたが、結構大変だったらしい。
何度も来日しているし、Fesでもかぶったはずだが、なんでか初めてのAsh。家から近いので、油断してちょっと遅刻。たぶんオンタイムで始まった模様。新宿Blazeも初めての会場だが、広さはLiquidroomより少し狭いくらいか。見やすい会場だと思う。遅れたせいもあって、あまりの満員にちょっと驚く。しかし、まだまだ見てないのにいいバンドはいくらでもあるな、そんなことを感じたAshだった。
19:15くらいからManics開始。11月と違い今回はニッキー側。1曲めはStay Beautiful!! 昨日と同じYou Love Usを予想していてTweetも作ってあったのにいきなり外したが、前回の来日といい1stの曲が増えている。遅くはなっているが、あれだけ声が出てるジェームスはすごい。来年は20周年。あれからもう20年もたつのか、考えると恐ろしいが(笑)。
内容は前回と比較してもまったく遜色なく、素晴らしいもの。小さい会場なだけにコアファンが多かったと思われ、非常に反応もよかったのはうれしい限り。セットリスト的には前回と比べるとJournal for Plague Loversからのナンバーが減って、最新作のostcards From A Young Manが増えたという印象。
アコースティックのThis Is Yesterdayの後、ニッキーはちゃんとウェールズの国旗柄のスカートで登場。パンツも見えたぞ。
なでしこジャパンとか地震のこととかいろいろMCでも話していたように、日本への愛情があふれたManicsであったと思うし、それは非常にうれしいことだ。

2011071820390001終演後の様子

2011071820380000セットリスト、ただしなぜかNano Mugenのやつ。



以下、この日のセットリスト。

20110/07/18 Manic Street Preachers @ 新宿Blaze setlists
1. Stay Beautiful
2. Your Love Alone Is Not Enough
3. (It's Not War) Just The End Of Love
4. Motorcycle Emptiness
5. Everything Must Go
6. Life Becoming A Landslide
7. You Stole The Sun From My Heart
8. Faster
9. Some Kind Of Nothingness
10. Ocean Spray
11. Slash 'n' Burn
12. If You Tolerate This Your Children Will Be Next
13. This Is Yesterday (Acoustic)
14. You Love Us
15. Postcards From A Young Man
16. My Little Empire
17. Motown Junk
18. Theme From M.A.S.H. (Suicide Is Painless)
19. A Design For Life

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/18

2011/04/16 フラワーカンパニーズ @ 日比谷野音

レポート書かなかったのでセットリストのみ。
この週、2日連続だったのね。初野音はきれいだった。この後、霞が関ビルまで歩いて行って、坦々麺食って帰ったなー。

2011/04/16
1. M.R.I.
2. It's Only Roc‘kyun' Roll
3. どっち坊主大会
4. ロックンロール・スターダスト
5. 脳内百景
6. 切符
7. ああ今日も空振り
8. 雲の形
9. エコー
10. 感情七号線
11. ペダルマシンミュージック
12. 虹の雨あがり
13. 日々のあぶく
14. 春色の道
15. 終わらないツアー
16. チェスト
17. 恋をしましょう
18. ラララで続け!
19. アイム・オールライト
(Encore)
20. 深夜高速
21. 元少年の歌
22. 元気ですか
(Encore 2)
23. 白眼充血絶叫楽団
24. TEENAGE DREAM
25. 真冬の盆踊り
(Encore 3)
26. 東京タワー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/15 Little Barrie @ Liquidroom

レポート書かなかったのでセットリストのみ。
3.11後、初ライブ。この時期に来てくれたのは本当にありがたかった。
ギターすごかった。

2011/04/15 Little Barrie @ Liquidroom setlists
1. Surf Hell
2. Twisted Little Blades
3. Does The Halo Rust
4. How Come
5. Pin That Badge
6. Money In Paper
7. Why Don't You Do It
8. Now We're Nowhere
9. Tip It Over
10. Burned Out
11. I Can't Wait
12. Love You
13. New Diamond Love
[encore]
14. We Can't Work It Out
15. Pay To Join

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/11 Soul Flower Union @ 赤坂BLITZ

恒例の年末ソウルフラワー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27 Manic Street Preachers @ Yokohama Bay Hall

レポート書かなかったのでセットリストのみ。

2010/11/27 Manic Street Preachers @ Yokohama Bay Hall setlists
1. You Love Us
2. Your Love Alone Is Not Enough
3. Motorcycle Emptiness
(It's Not War) - Just The End Of Love
4. Jackie Collins Existential Question Time
5. Roses in the Hospital
6. This Is Yesterday
7. Everything Must Go
8. Some Kind Of Nothingness
9. You Stole The Sun From My Heart
10. Ocean Spray
11. La Tristesse Durera (Scream To A Sigh)
12. Suicide is Painless (Theme from MASH)
13. Autumnsong
14. Motown Junk
15. If You Tolerate This Your Children Will Be Next
16. The Everlasting (Acoustic)
17. Faster
18. No Surface All Feeling
19. Golden Platitudes
20. Tsunami
21. A Design For Life

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

2010/10/15 !!! @ Shibuya O-East

レポート書かなかったのでセットリストのみ。

2010/10/15 !!! @ Shibuya O-East setlists
1. AM/FM
2. Wannagain Wannagain
3. The Most Certain Sure
4. Yadnus
5. Steady As The Sidewalk Cracks
6. Jamie, My Intensions Are Bass
7. Must Be The Moon
8. Hollow
9. Me And Giuliani Down By The School Yard (A True Story)
10. The Hammer
11. Heart Of Hearts
Encore:
12. Intensify
Encore2:
13. All My Heroes Are Weirdos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/14

2010/08/07 & 08 Summer Sonic 2010

早いものでもう1週間。Fuji Rock Festival と2週続けてということもありバテバテになったけど、ライブ漬けの8月前半という感じでした。
両日とも夕方からしか行ってないし、それでも例年の人の流れ方から考えると今年のサマソニは人が少なかったんじゃなかろうか。ロッキンオンフェスや自分の周りで支持率の高かったと思われるWorld Hapinessと重なったのもあるとは思うけど、こんなにがらがらなサマソニは初めてだと思う。個人的にはとても楽に過ごすことができたけど、理由は景気だけじゃないだろう。とにかくフェスが増えすぎた。儲かる手段が減ってるとはいえ、安直過ぎる気がする。
と書いておいてなんだが、今年も文句が。夕方なんか人少ないんだから、メッセからでも2日券入場できるようにせぇ。というか、実際にはできたみたいなので、バイトの兄ちゃんの教育か。おかげで無駄に歩き、間に合わんかったぞ。
ライブの感想はここから。しかし、本当に観たかった最小限度しか見てないなー。

-Richard Ashcroft & The United Nations Of Sound (Day1 @ Mountain Stage)
もうちょっと早く行けばいいだけの話なんだけど、ぎりぎりのタイミングで、しかも千葉マリンまで行かされたがスタートには間に合わず。Are You Ready?聴きたかったんだが。幕張メッセに入り、なんか異様に盛り上がっていた恵比寿マスカッツを横目で見ながら急いでMountain Stageへ。15分ほどの遅れ。Richardは坊主頭。とにかく帰ってきてくれたのはうれしい。最後にBitter Sweet Symphonyは完全に予想外でやられた。

-The Smashing Pumpkins (Day1 @ Mountain Stage)
1995年のとどろきアリーナでの来日以来のスマパン。15年、さすがに感慨深いものを感じる。
ついにBilly Corganひとりだけになってしまい、どうなるのかという懸念はあったもののある意味ものすごくスマパンだったと思う。それにしてもベースがある意味能面のような美人のネーちゃんであるのはなぜだろうか?Billyに何かこだわりがあるのだろうか(笑)?
曲は新曲、昔の曲半々といったところ。1979はうれしかったし、本編最後のTonight, Tonightはやはり"Impossible Is Possible"の部分で涙が出そうになった。

-Pavement (Day1 @ Sonic Stage)
Midnight Sonicという深夜時間帯のため、帰りの電車の時間とにらめっこしながらのPavement。開始前にタバコを吸うところを全部閉められたのはちょっと痛かった。
それにしても4月に観ておいてよかった。前半までだったので、後半のセットリストを見るとやはりちと残念。普通の時間帯にやって欲しかった。しかし、これで本当に最後なのか?ま、いつの日かに期待しよう。

-Pixies (Day2 @ Sonic Stage)
Stevie Wonderを完全にぶっちぎって、Pixies。再結成後ライブ重ねてるだけあって、とにかく余裕しゃくしゃくといった感じ。それにしてもこんだけやってりゃアルバム作ってもいいような気がするが、ライブしかやらんな。
セットリストは多分以下のような感じではなかろうか。Cecilia Annで始まるパターンはカッコいいな。Giganticで終わりかと思ったら、Where Is My Mind?が始まったので、結構驚く。というか、後になって考えてみるとGiganticで電池切れだった感じ(笑)。当日はなんともなかったが、次の日に全身筋肉痛で大変なことに。Here Comes Your Manはアンコールというより、ステージから引っ込まず、途中寸劇を挟んでという進行。

来年はとにかく体力増強せねば。

2010/08/07 Richard Ashcroft & The United Nations Of Sound @ Mountain Stage setlists
1. Are You Ready
2. Born Again
3. Lucky Man
4. America
5. Beatitude
6. Music Is Power
7. Break The Night With Colour
8. This Thing Called Life
9. Bitter Sweet Symphony

2010/08/07 The Smashing Pumpkins @ Mountain Stage setlists
1. Astral Planes
2. Ava Adore
3. Hummer
4. As Rome Burns
5. A Song For A Son
6. Today
7. Bullet With Butterfly Wings
8. Eye
9. United States
10. Love Is The Sweetest Thing
11. Owata
12. 1979
13. Stand Inside Your Love
14. Tarantula
15. Tonight, Tonight
---
16. Cherub Rock

2010/08/07 Pavement @ Sonic Stage setlists
1. Cut Your Hair
2. Grounded
3. Gold Soundz
4. Conduit For Sale!
5. In The Mouth A Desert
6. Kennel District
7. Range Life
8. Trigger Cut
9. Stop Breathing
10. Perfume-V
11. The Hexx
12. Stereo
13. Shady Lane
14. We Dance
15. Rattled By The Rush
16. Unfair
17. Fight This Generation
18. Spit On A Stranger
19. Box Elder
20. Starlings Of The Slipstream

2010/08/08 Pixies @ Sonic Stage setlists
1. Cecilia Ann
2. Bone Machine
3. U-Mass
4. Winterlong
5. Nimrod's Son
6. Break My Body
7. Caribou
8. Broken Face
9. Dig For Fire
10. Wave Of Mutilation
11. Gouge Away
12. Tame
13. Hey
14. Planet Of Sound
15. Cactus
16. Vamos
17. Debaser
18. Gigantic
19. Where Is My Mind?
---
20. Here Comes Your Man

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/08

2010/08/01 Fuji Rock Festival 2010 Day3@苗場スキー場

サマソニ1日め終わってからというのも何だかなという気はするけど、フジロックです。
その前の週がバカみたいに暑かったのからの反動か、苗場の天気は基本曇り。涼しくてよかったんだけど、夜は雨に降られて、ポンチョを使う羽目に。
それでも去年行かなかった分もあってか、どうやら到着から飛ばし過ぎた感じ。ま、はしゃいでたということで(笑)。ただし、体力不足なのは否めないな。来年はこんなことないようにしないと。

-Ozomatli
さて、会場到着は14時前ころ。Ocean Colour Sceanはある意味予想通り間に合わず。グリーンのDONAVON FRANKENREITERを横目で見ながら、フィールドまで。Ozomatliが最初。あまりの人の多さにたじろぐ。会社の後輩の知り合いも同じことをツウィートしてたらしいので、考えることは皆同じなんだろう。しかし、もうフジ常連だね、Ozomatliは。

-Mallacan
終了後トイレ待ちで、オレンジコートへ。ちょうどの最中だったけど、これが意外とよかった!Ozomatliの後のラテンというのもあるかもしれないが、今回1番の拾いものでした。

-Foals
で、ホワイトステージのFoalsへ。ここも座って見ようとあえて後ろの方にいたにも関わらず、人の多さゆえに立って踊ることに。音は予想よりも骨太で驚く。なんかボーカルはCureのロバート・スミスを思い出したけど。Vampire Weekendは残念ながらパス。

-LCD Soundsystem
Foals後はさすがに疲れて、そして腹へって、ところ天国で食事。いよいよLCD Soundsystem。今回最も見たかったバンド。ファーストアルバムの時の来日以来のライブ。一曲めのUs v Themから最後のYearまで、とにかく素晴らしかった。これで最後なのは本当に惜しまれる。つうか、フルセットのライブがどうしても見たいぞ。Losing My Edge聴いてないぞ、今回は。

-Atoms For Peaces
終了後、トムヨークを見るためにグリーンステージへ。ここでもまた人の多さにたじろぐ。今回はトムの別の側面が見えたのが面白かった。だって、ヘアバンドにタンクトップのマッケンロースタイルだもの。あんな変な踊りも見たことないぞ。フリーのベースだなって思う部分も多々あれど、この音ならRadioheadが見たいというのが正直なところ。本編終了時にホワイトステージに移動。

-Ian Brown
Atoms For Peacesがおそらく2度目はなくとも、Ian Brownだもの。で、開始時は予想していたとおり、ホワイトに食われている感があったのも事実。で、やってくれました。1曲めからI Wanna Be Adored!これはIanのライブに来た人へのプレゼントでしょう。そして、最後にFool's Gold!
新作からの曲もよかった。Ianもやっぱりフルセットを観たい。
それにしてもIan、5回めのフジロックとは。毎回見てます。

-Massive Attack他、その後
Ianで燃え尽きた感があり、レッドマーキー前のOasisまで足を引きずりながら、歩く。通り際に見たMassive Attackはやばかった。そのまま酔いそうな感じになる。
Oasisで疲れを取るように食事。ちょっとMassive Attack見に戻ったけど、バテバテでゆっくりとホテルまで。温泉はいって寝ました。

次の日は10時くらいに越後湯沢駅につくと大混雑。やはり3日めの動員というか、トム・ヨークの力の大きさに納得。ちゃんと帰りのこと考えておかないとね。
さ、来年はちゃんと鍛えて行くぞ。

以下、セットリスト。

2010/08/01 LCD Soundsystem @ White Stage setlists
1. Us V Them
2. Drunk Girls
3. Pow Pow
4. Daft Punk Is Playing At My House
5. All My Friends
6. I Can Change
7. Tribulations
8. Movement
9. Yeah

2010/08/01 Ian Brown @ White Stage setlists
1. I Wanna Be Adored
2. Time Is My Everything
3. Crowning Of The Poor
4. Own Brain
5. Golden Gaze
6. Dolphins Were Monkeys
7. Longsight M13
8. Marathon Man
9. Sister Rose
10. F.E.A.R.
11. Stellify
12. Just Like You
13. Fools Gold

2010/08/01 Atoms For Peace @ Green Stage setlists
1. The Eraser
2. Analyse
3. The Clock
4. Black Swan
5. Skip Divided
6. Atoms For Peace
7. And It Rained All Night
8. Harrowdown Hill
9. Cymbal Rush
---
10. I Might Be Wrong
11. Give Up The Ghost
12. Videotape
---
13. Paperbag Writer
14. Judge, Jury and Executioner
15. Hollow Earth
16. Feeling Pulled Apart By Horses

2010/08/01 Foals @ White Stage setlists
1. Total Life Forever
2. Cassius
3. Miami
4. Red Socks Pugie
5. Balloons
6. The French Open
7. Spanish Sahara
8. Alabaster
9. Olympic Airways
10. Electric Bloom
11. Two Steps, Twice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/29

2010/04/08 Pavement @ 新木場Studio Coast

ははは、書いたのにアップデート忘れてました。今更ですが、あげときます。

=====
年度頭で19時新木場はやっぱりしんどい。それでも最近のライブでは異例の早さで10分前には到着できたのは我ながら素晴らしい(笑)
昨日はスティーブンの飛行機が遅れたとかで30分遅れてスタートだったようだけど、今日はきっかりオンタイムでスタート。こんなにきっちり始まるのも珍しい。客も一杯入っていて、驚きと同時に嬉しさを感じたぞ。
今回はじめてのPavementだけど、たぶん昔もこんな感じだったんだと思う。上手くないし、貫禄があるわけでもなく、今になっても充分通じるローファイな音を鳴らしてたと思う。でもこの春のライブの中では一番自分が今好きな音だった。15年前に聴いてたらどう思ったんだろうか、というのは終演後に一番思ったことだけど。
しかし、スティーブンはご機嫌だったなー。なんかギターを回して放り投げてたし、ライブ中にサインもあげてるし(笑)
とりあえず春のライブはこれで終了。次は夏だろうな、多分。

以下、セットリスト。

2010/04/08 Pavement @ 新木場Studio Coast Setlists
1.In The Mouth A Desert
2.Shady Lane
3.Father To A Sister Of Thought
4.Perfume-V
5.Silence Kit
6.Grounded
7.Rattled by the Rush
8.Kennel District
9.Zurich Is Stained
10.Range Life
11.Loretta's Scars
12.Starlings Of The Slipstream
13.Two States
14.Fight This Generation
15.Stereo
16.Unfair
17.Cut Your Hair
Encore:
18.Summer Babe
19.Date With Ikea
20.Debris Slide
21.Stop Breathin'
22.Here
Encore 2:
23.Trigger Cut
24.Spit On A Stranger
25.Conduit For Sale!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/23

2010/03/21 Bob Dylan @ Zepp Tokyo

いよいよ来たという感じのBob Dylan。すごい昔Tom Pettyと一緒に来た時以来。いつだと思って調べてみたら、1986/3/8の愛知県体育館。
とは言っても、いくら何でも5時スタートはいくら何でも早過ぎるだろう。こんなに早い時間、と言うか日が高いうちに青海地区に行ったのははじめてだ。家族ずれも多くてびっくりしたぞ。会場も予想通り年齢層が高い。
10分くらい遅れてスタート。1曲めから分からん(笑)。基本的には最新アルバムのディクシーランド調なのだが、アレンジ変えまくってるし、下手すると歌い方まで変えてるからということはあるんだが、曲わかんなかったけど、とにかく正直とんでもなく凄かったというのが正直なところ。日本ツアーでも毎回曲違うみたいだし、余裕でベストヒットツアーなんぞできるだけのキャリアもあるのに、恐ろしいほどの現役だ。アンコールの"Like A Rolling Stone"は合唱させることを拒否してるとしか思えないほどの歌い方だった。Mr. Tambourine Manは今回の来日で初めてだったはず。実際、MC一切なかったし、最後のアンコールの時のメンバー紹介くらい(笑)。最後は"All Along The Watchtower"。それにしてもすごいライブだった。また何年後かにBootlegシリーズで出るのかもしらんが、今のライブをライブ盤でしっかり聴きたい、そんなライブでした。
ギターがCharlie Sextonだったんだけど、あまり歓声起きなかったが結構意外。知らねーのかな、もう。
以下、セットリスト。

2010/03/21 Bob Dylan @ Zepp Tokyo
1. Watching The River Flow
2. Don't Think Twice, It's All Right
3. I'll Be Your Baby Tonight
4. Sugar Baby
5. Tweedle Dee & Tweedle Dum
6. Shelter From The Storm
7. Summer Days
8. Tryin' To Get To Heaven
9. Cold Irons Bound
10. Mr. Tambourine Man
11. Highway 61 Revisited
12. Not Dark Yet
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man
(Encore)
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower

(おまけ)
1986/03/08 Bob Dylan with Tom Petty & The Heartbreakers Setlists
1. Justine
2. Positively 4th Street
3. Clean-Cut Kid
4. I'll Remember You
5. Trust Yourself
6. That Lucky Old Sun
7. Masters Of War
8. It Ain't Me, Babe
9. To Ramona
10. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
11. I Forgot More Than You'll Ever Know
12. Just Like A Woman
13. I'm Moving On
14. Lenny Bruce
15. When The Night Comes Falling From The Sky
16. Lonesome Town (Baker Knight)
17. Ballad Of A Thin Man
18. Rainy Day Women # 12 & 35
19. Seeing The Real You At Last
20. Across The Borderline
21. Just Like Tom Thumb's Blues
22. I And I
23. Like A Rolling Stone
24. In The Garden
25. Blowin' In The Wind
26. Rock 'Em Dead
27. Sukiyaki
28. Knockin' On Heaven's Door

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

2010/03/06 Placebo @赤坂ブリッツ

多分10年以上ぶりの赤坂ブリッツ。洋楽のライブ自体久々じゃなかろうか。近いから助かるんだけどな、音も結構良かったし。
開始ぎりぎりの雨の中、会場到着。ロッカーに荷物入れて、会場入りしたらほぼオンタイムでライブスタート。とにかくPlaceboってこんなにファンがいたんだというのにびっくり女の子が多いのは予想していたが、男も結構多い。
もっと耽美的なのかと思っていたけど、思っていたよりも硬質なライブでおどろいた。聞き覚えのある曲が多かったので、最新作からの選曲が多かったんじゃないだろうか?サポートメンバー(?)いれて6人のうち、ブライアン・モルコとドラムス以外結構取っ換え引っ換え楽器を変えていたのもびっくり。その前の曲でどう考えてもギター弾いてたのが、いきなりベース弾いてるし。
1時間半くらいのセット。サマソニのリベンジ果たせました。
あ、そういえば今年初めのライブでした。今月はBob Dylan、来月頭にはPavementだ。

以下、セットリスト。

2010/03/06 Placebo @ 赤坂ブリッツ Setlists
1.For What It's Worth
2.Ashtray Heart
3.Battle For The Sun
4.Soulmates
5.Speak In Tongues
6.Follow The Cops Back Home
7.Every You Every Me
8.Special Needs
9.Breathe Underwater
10.Julien
11.The Never-Ending Why
12.Come Undone
13.Devil In The Details
14.Meds
15.Song To Say Goodbye
16.Special K
17.The Bitter End
Encore:
18.Bright Lights
19.Trigger Happy
20.Infra-red
21.Taste In Men

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/13

2009/12/12 Soul Flower Union @ Liquidroom

年末恒例のLiquidroomでのSoul Flower Union。というか、今年Soul Flowerばっかりだな。
ちと寝坊して20分遅れでの入場。ライブ自体はいつも通り素晴らしい内容。見ないと年末感がない感じ。
今回特によかったのは、「もののけと遊ぶ庭」。久しぶりじゃないかな、ライブで見たの。前半の区切りとしても最高でした。しかもこの時点でスタートから1時間半くらいたってるし。
プラス久々に「海へゆく」もやったし。(修正:9月の時もやってますな)この曲いいよな、やっぱり。JIGENコーナーもよさこい節に変わってるし、2010年に向けて新機軸が感じられるようなライブでした。
しかし、アンコール入れて3時間はすげえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/11

2009/11/11 OHIO101 @ 新宿redcloth

僕にとって鈴木純也とは高校1年のとき休み時間になってはトイレでくる日もくる日も音楽の話をしていた同じラグビー部の友人である。当時から兄貴の影響でバンドをやってたけど、当時は聴いたこともなかった。で、その兄貴がフラカンの鈴木圭介だということもほんのついこないだまで知らなかった。当時は純也は猫背でパンク中心で、大学で東京に出てきた後は本当に15年以上お互いに行方しれずだった。
15年たったやつは猫背なのは変わってないがそのギターは本当に素晴らしいものになってた。個人的にこういうギターが弾けたらいいなと思ってた、そういうスタイル。かなりの苦労があったんだろうが、今でも続けている。そして、2枚目のアルバムが出た。こんなにうれしいことはない。
今回で3回目のライブだったが、小関氏の加入はやはり大きかったんだろう。音の重みだけでなく、勢いまでついたような気がする。なにより、いい意味で35歳を過ぎてからしか出せない音にもなったと思う。このまま快進撃をしてくれるといいんだが。アルバム聴いてあげてください。「陽のあたる場所へ」はOHIOがたどり着いた名曲です。

OHIO101/陽のあたる場所へ
OHIO101/陽のあたる場所へ


Img_0118
タワーレコード新宿店にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/09

Ray Davies with Metallica Live!

わはは。すごすぎる、今年のR&R Hall Of Fameのライブ。
あのRay Daviesがメタリカとやるなんて誰が思う?ところがはまりすぎ。
曲が"Your Really Got Me""All Day And All Of The Night"っていうのもあるんだろうけど。リフにはリフをということなんだろう。
New York Timesでも絶賛。(ここ
このライブほかのメンツもすごいが、まずはこのライブを見て、Kinksの偉大さを知ってくれ!
You Tubeはここ

Mick Jagger/U2/FergieのGimme Shelterよりもこっちの方がいいし(笑)BonoのボーカルとU2ではちと線が細いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

2009/10/14 Oracle OpenWorld Appreciation Event: Aerosmith, Roger Daltrey @

Oracle Open World2009のイベントの中でのコンサート。全然そのつもりじゃなかったので、すごく儲かった気分。しかも、この間ジョー・ペリーがスティーブン・タイラーが事故った後仕事しねえって怒ってたAerosmithの復活と、そしてThe Whoのツアーが終わってすぐソロでツアーに出たRoger Daltrey。
このためだけでも来た甲斐はあったというもんだ。
時間がだだかぶりだったために、AerosmithはEat The Richで始まって3曲目くらいで移動。最初声出てなかったけど、最後の方はばっちりだったらしい。しかし、いい年なのにルックス変わらんのには驚かされる。
で、Roger。いきなりテンポを落としたアコースティックな感じのWho Are Youでスタート。途中からオリジナルに近くする。いやー、周りでかい外人ばかりだったけど、盛り上がる。さすがにWhoの曲多いし、ギターはSimon Townshendだし、働くなー、Roger。今日のKeynoteにも来てたからな、いいやつだ。メンバーは若めだったけど、Whoのツアーから連続でいい調子が続いてるイメージで大変よかった。Young Man BluesとかSqueeze Box、Shakin' All Overなんかは珍しかったし、うれしい限り。
最後、WailersのI Shot The SheriffとGet Up, Stand Upを聴いて、バスでホテルまで戻る。しかし、Treasure Islandってあんな広いとは思わなかった。

以下、Roger Daltreyのセットリスト。わかる分だけです。

2009/10/14 Roger Daltrey Setlists @ Oracle Open World Epic
1.Who Are You
2.Pictures Of Lily
3. Dimples (John Lee Hooker cover)
4.The Kids Are Alright
5.Behind Blue Eyes
6. Days Of Light
7. Freedom Ride (Taj Mahal cover)
8. Who's Gonna Walk On Water?
9.Baba O'Riley
10.Squeeze Box
11.Pinball Wizard
12.Young Man Blues
13. Blue Red and Grey
14. Ring of Fire (Johnny Cash cover)
15.Won't Get Fooled Again
16.Naked Eye
17.Summertime Blues
18.Shakin' All Over

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/09/27

2009/09/19 Soul Flower Union @ Liquidroom

恒例の秋のツアー。今回はライブ盤発売記念。で、また冬にシングルリリースだそうな。相変わらずのいい調子が続いているんだろう。
突然、学生時代の知り合いにあうことになり、ぎりぎりで会場入り。ライブは「エエジャナイカ」でスタート。今回は久しぶりに新曲も入っていたけど、全体的にはベストヒット的な内容。それでもライブ盤からやらなかった曲もあるんだから、レパートリーの充実には目が見張るものがある。
驚いたのは、前回に引き続き「Human Nature」をやったこと。一過性のものかと思ったけど、気に入ったみたい。シングルにも入るみたいだし。
久しぶりに「こたつ内紛争」やってくれたのは、うれしかったな。
アンコールも2回、相変わらず充実したライブ。次は年末。また年末がやってくる。
以下、セットリスト。

1. エエジャナイカ
2. ルーシーの子どもたち
3. アル・ファジュル
4. 棹を擦る男(Inst.)
5. ラヴィエベル~人生は素晴らしい
6. ヒューマン・ネイチャー(Inst.)
7. 海へゆく
8. うたは自由をめざす!
9. 名もなき惑星
10. そら(この空はあの空につながっている)
11. シンヤの祝福(Inst.)
12. 風の市
13. 再生の鐘が鳴る
14. 平和に生きる権利
15. ホワイトハウスを爆撃(Inst.)
16. アクア・ヴィテ
17. 霊柩車の窓から
18. 酒と共に去りぬ
19. 月光ファンファーレ
20. 満月の夕
21. 秋田音頭
22. こたつ内紛争
23. 海行かば 山行かば 踊るかばね
Encore
24. マージナル・サーフ(Inst.)
25. 神頼みより安上がり
Encore 2
26. 道草節

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/10

2009/08/09 SummerSonic 09 Day3

結局なんだかんだで今年最初で最後の夏フェス参加になってしまったSummerSonic最終日。
サマソニも今年は3日間になったせいか、どうもあの独特な1日の濃さがなくなったような気がするのは自分だけだろうか。それに連日の雨。肩は痛いし、体調的にはあまりよくはない状態。
到着は16時ちょっと前。なんとかVaselinesに間に合う。3曲くらい。CDで聴いた音と変わらないことがなんか不思議。たばこ吸いに外に出ようとすると大雨。あまりの混雑ぶりに隣のDance Stageに逃げ込む。Kid Sister。ポストM.I.A.とあるけど、もうちょっとアッパーかな。それにしても全体的にちょっと人が少ないような気がする。雨降ってるから屋内に逃げるような気がするんだが。

16:55 Teenage Fanclub。あんまり聴いたことがなかったし、今更な感はあるけど今年一番の収穫かな。ちゃんと聴いてみようと思う。
終わった後、食事。朝から何も食べてないだけに、タコライスとチキンタコス。ていうか、サマソニで毎年食べてるものだけど...。
18:25 Sonic Youth。Fujiとかでも何度も見てるけど、いつも少しだけでちゃんと全部見るのはすごく久しぶりのような。これはラインナップ的に微妙に薄くなった恩恵かも。最新アルバムでそうだったようにちょっとガレージぽい音への回帰もあった気がするけど、あれだけの人をみんな納得させるような音では元々ないような。割とここで帰った人も多い気がするし。
20:05ちょっと遅れて、Flaming Lipsスタート。待ち時間にちょっと床に座ってたら、なんかグラグラ。ただし、まわりはほぼ無反応。あとでメールでわかったけど、東京は震度4だったそうで。
Flaming Lipsはまあセッティングからいろいろと。前に確かDaft Punkの裏かなにかで異常に客が少ないのを見ていたので集客心配していたんだけど、さすがに今年は順調。しかも出待ちでエールが起こるようなバンドだったか?内容はサイコー。ちゃんと最終日のトリであることを意識して、大盛り上がり大会。あいかわらず風船は出まくるは、いつもに増して着ぐるみが多いは、楽しませることに注力して非常にいいライブ。オープニングから笑わせてもらったし。Flaming Lips最後で本当によかったと思う。

帰りは東京まで立ちっぱなし。これがなければ、もうちょいいいんだけどな。しかし、来年も3日間やるんだろうか?しかし、ちゃんとライブ行かなきゃダメだね。来年はちゃんとフジから行くことにしよう。(ま、毎年この繰り返しなんですが)

Img_0016



Flaming Lipsオープニング。この前にスクリーンのお姉ちゃんの股から入場というしょーもないことをやってるんだけど、さすがに光の関係で写真には撮れず。その後にWayne Coyneが風船に中に入って現れたのがこれ。というか、よくわからんと思いますが。どっちにしてもサイコーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/29

2009/06/28 Soul Flower Union @ Liquidroom

会場に到着するまではずっと雨。梅雨時期のツアーらしい夏の新シングル「ルーシーの子供たち」発売記念ツアー最終日。今回客の入りがちょっと少ないかという感じもしたけど、よくよく考えてみれば毎年決まって年4回単独ツアーをちゃんとやる or できるバンドってやっぱ少ないんだと思う。
以下、感想をばたばたと。
・ギターが高木克に変わって初のライブだったけど、最初からロックバンドっぽくておどろいた。で、感想としては途中のMCで奥野さんが言ってたのとかぶるけど、Ron Woodみてぇ。日本人であんなにスライド弾く人って割りとめずらしいような気がするんだけど、オーなんかやっぱり変わってきてるぞという実感はあった。もっとこなれるとよくなるような気もしたのも事実。
・「ラヴィエベル」「月光ファンファーレ」でスタート。選曲は新曲含みだったけど、終わりに行くにしたがって、ベスト的に。しかし、最後の方の盛り上がりはさすが。
・ライブ全体としては、ソロが割りと多くとられたりとなんとなく実験的な印象。夏フェスに向かって試してる感が結構あったかも。
・時期的に追悼もので2曲(RCの僕の好きな先生とマイケルのHuman Nature)あり。Human Natureは歌うかと思ったので、びっくりしましたが。そういえば、オープニングも「金もうけのために生れたんじゃないぜ」「ABC」だし。
あー、しかし1日たったというのにまとまってないな。会場出たら、雨やんでました。

以下、セットリスト

1.ラヴィエベル
2.月光ファンファーレ
3.夏到来
4.棹を擦る男(Inst)
5.ルーシーの子どもたち
6.ぼくの好きな先生
7.ヒューマン・ネイチャー(Inst)
8.サヴァイヴァーズ・バンケット
9.うたは自由をめざす!
10.アクア・ヴィテ
11.秋田音頭
12.平和に生きる権利
13.霊柩車の窓から
14.殺人狂ルーレット
15.ロンドン・デリー
16.ホワイトハウスを爆撃(Inst)
17.潮の路
18.シンヤの祝福(Inst)
19.風の市
20.ブルー・マンデー・パレード
21.神頼みより安上がり
<Encore1>
22.満月の夕
<Encore2>
23.海行かば 山行かば 踊るかばね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

2009/04/29 フラワーカンパニーズ @ Liquidroom

とにかく一度見てみたかったので、久しぶりに日本のアーティストの初物を見に行く。
フラカンについては、去年年末にSoul Flower Unionとジョイントした時にはじめて知って、それとは別に久しぶりに高校時代の友人と連絡がつき、その兄が鈴木圭介氏だということで、聴き始めた非常に初心者リスナーである。
開始ぎりぎりで到着しその時点で、いるだろうなとは思いながら、連絡もしていなかった前出の高校時代の友人(鈴木純也。彼のOHIO101もいいバンドです)に会う。ちゃんとチケット買ってきたといっているのに、関係者のわけがないだろうとわけのわからん話をして、彼には連れがいたのもあり、一人で会場内へ。
ライブ自体はさすが20年続いているバンドで、非常に力強く、いいライブだった。鈴木圭介氏もMCで言っていたが、継続は力だと実際に見せているのはまじですばらしいことだと思う。お客さんが非常にたくさん入っていたのも、他人事ながらうれしかったし、これからもブレイク云々は抜きにして続けてもらいたい。
男のファンが多いんだろうなと思っていたら、女の子の方が多いんじゃなかろうかというくらいいて、男の子は若いやつが少なく、おっさんが多かったのが不思議だったかな。あ、私もおっさんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/06

2009/04/04 Paul Weller @ Studio Coast

去年のSummer Sonic前の単独、Summer Sonicに続いての来日。
しかし、さすがベテランだけあって、内容は文句なし。それにしてもまたライブ開始に遅れて、場所が落ち着いたのはSea Sprayからとは、どんな因縁だろうか(笑)
久しぶりの新木場Studio Coastだったけど、キャパも結構あるし見やすいし、よかった。もうちょっと近ければというのと、なぜかここに来ると必ず雨というのはなんとかして欲しいんだが。
特に良かったのは、後半のアコースティックリスト。多分、ドラムとキーボードの人もアコギもって加わってたと思うんだけど、そういうとこ含めてよかったかと。どの曲とつなげたか忘れてしまったけど、BBCのライブで聴いていたMagic Busが聴けたのもうれしかった。
最後は2度目のアンコールで"A Town Called Malice"!! まじで毎年来てくれないかな。

20090404


以下、セットリスト。

2009/04/04 Paul Weller @ Studio Coastセットリスト
1. Have You Made Up Your Mind
2. All I Wanna Do (Is Be With You)
3. Out Of The Sinking
4. 22 Dreams
5. The Changingman
6. From The Floorboards Up
7. Wake The Nation
8. Sea Spray
9. Push It Along
10. Porcelain Gods
11. Let It Be Me
12. One Bright Star
13. Empty Ring
14. You Do Something To Me
15. 111
16. All On A Misty Morning
17. The Butterfly Collector
18. Brand New Start
19. Wild Wood
20. Echoes Round The Sun
21. Come On Let's Go
(Encore 1)
22. 7 & 3
23. Broken Stones
24. Whirlpool's End
(Encore 2)
25. A Town Called Malice

# いい加減、ディスク評も再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/29

2009/01/29 Primal Scream @ Zepp Tokyo

えーと、結局これが今年の1本目になっちゃいました。恐らくこんな感じでの更新が進むと思いますが、今年もお付き合いください。
で、昨年のFuji Rock以来のPrimal Scream。平日なので時間的にとってもキツかったんだけど、とにかく行きました。で、その平日ということもあるのか、どうも客の入りがよくないという噂を聞いていたけど、これまでで一番少ないような気がした。割と余裕のある感じだったので、いる方としては大変楽でしたが。
で、内容は1曲目Kill All Hippies、2曲目Can't Go Backでスタート。明らかに前作Riot City Bluesの時や、Fuji Rockの時のルーズなロックンロールなScream Teamではなく、また新しいモードに入った感じである。間違いなく、ここ数年で最もよいライブで、アンコールまでの1時間半が本当にあっという間に過ぎた感じである。よかったのが、中盤のダークサイケなところ。特にダークアレンジのHigher Than The Sun、それにDeep Hit Morning Sunはライブで初めて聴いたけど、すごくよかったかと。
本編は、Movin' On Up〜Rocksで、アンコールはCountry Girl〜Acceleratorで終了。あと、Bobbyが最初から最後までよくしゃべること。こんなにしゃべったBobbyは初めて見た。ライブ盤でリリースしないかな、今回のツアー。
とにかくこれで次のアルバムが楽しみになった。結構早いタイミングで出るんではないだろうか。個人的な予想では、エレクトリックなVelvet Undergroundなんだが(笑)。
以下、セットリスト。

2009/01/29 Primal Scream @ Zepp Tokyo Setlists
1. Kill All Hippies
2. Can' Go Back
3. Miss Lucifer
4. Suicide Sally & Johnny Guitar
5. Jailbird
6. When The Bomb Drops
7. Beautiful Future
8. Higher Than The Sun
9. Beautiful Summer
10. Deep Hit Morning Sun
11. Exterminator
12. Suicide Bomb
13. Sick City
14. Shoot Speed/Kill Light
15. Swastika Eyes
16. Movin' On Up
(Encore)
17. Uptown
18. Necro Hex Blues
19. Country Girl
20. Accelerator

# 現時点で正確には1/28のものだけど、多分同じだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/12/30

2008/12/13 Soul Flower Union @Liquid Room

と、相変わらず日が空いてますが、12月はちゃんと締めねば。
すっかり年末恒例となった12月のSoul Flower Unionツアー。遅れて、"うたは自由をめざす!"から参加。Liquid Roomは程よい感じで相変わらず落ち着く。これが終わらないと何となく年末感がないんだが、それでも暖かすぎて12月の感じがまったくしない。
内容はヒット曲満載!で会場の盛り上がりも非常によい。いつも素晴らしいshowで何より。
# いかん、やっぱり書きたいこと、忘れてるな。

1.神頼みより安上がり
2.こたつ内紛争
3.うたは自由をめざす!
4.世紀のセレナーデ
5.Shinya's Blessings(Mick's Blessings)
6.月光ファンファーレ
7.ホライズン・マーチ
8.海へゆく
9.パレスチナ
10.外交不能症
11.極東戦線異状なし!?
12.マウンテンバイク・フロム・ヘブン(美保子:Vo.)
13.名もなき惑星
14.寝顔を見せて
15.Gotta Travel On
16.荒れ地にて
17.風の市
18.秋田音頭(JIGEN:Vo.)
19.満月の夕
20.サヴァイヴァーズ・バンケット
21.海行かば 山行かば 踊るかばね
<Encore>
22.ラヴィエベル ~人生は素晴らしい!
23.エエジャナイカ
24.松葉杖の男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/22

2008/12/07 OHIO101 @下北沢BASEMENT BAR

完全年末進行ですべてが書き忘れられている分を取り戻そうと思ってます。
ということで、最初がいきなりこれ。
Trash Recordsから1枚アルバムをリリースしてますが、苦労してます。音はサイケブルースな感じで、個人的には非常にJustです。というより、そもそものつながりは高校時代に毎休みごとにトイレで音楽について語っていた仲間で、今回20年ぶりの再会でした。当時から音楽やってたのは知ってましたが、今でも続いているとはまったく思ってもいなく、そして、まさか兄貴がフラワーカンパニーズの鈴木圭介だとはそれこそ完全につながらず、20年たってました。

今回は前にNHKの沢田研二のバンドのドラムでこのねぇーちゃんすげぇなと思ってたGRACE嬢が今回限りということもあってか、初のワンマンライブ。一生懸命呼んだのもあるんだろうけど、70人くらい入ってた会場にはすごく感激しました。20年ぶりの鈴木純也(G/Vo)は正直最初わかりませんでした。あの頃はパンク少年だったわけで、こんなにブルージーな音を出すとは全く思わず、顔の感じも長髪もあってか中々以前の印象とあいませんでした。昔とつながったのはMC。しゃべった時の方が昔と変わりません。つたないというか、ぶっきらぼうというかそういうMCを聞いて、やっとつながった感じでした。

アンコール含めて2時間たっぷりのステージ。個人的には非常に好きな感じの音楽だし、楽しめました。正直あのドラムがなくなるのは痛いと思うが、がんばって欲しいと思います。

OHIO101オフィシャルページ:http://members3.jcom.home.ne.jp/ohio101/

OHIO101/アキラメタノハ
OHIO101/アキラメタノハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

2008/11/17 The Who @ 武道館

昨日に引き続き、Who日本公演。Sold Outになった武道館。しかし、親父度が高い。
盛り上がりは昨日以上。スタート前のJean Genieから拍手が鳴り響く。とんでもないな、しかし。
内容はその盛り上がりを受けて、昨日以上。PeteのMCもFragmentsの前には入るし、Sister Discoも5:15もばっちり。
うれしかったのは、最後曲順変えてくれたこと。Love Reign O'er Meまで全く一緒だっただけに同じセットリストを覚悟していたけど、聴けなかった曲が聴けたのはうれしい。
今回のツアーは音源出さないんだろうか。今日のはまじでもう1回聴きたい。
以下、本日のセットリスト。

2008/11/17 The Who @ 武道館 setlists
1. I Can't Explain
2. The Seeker
3. Anyway Anyhow Anywhere
4. Fragments
5. Who Are You
6. Behind Blue Eyes
7. Relay
8. Sister Disco
9. Baba O'reily
10. Eminence Front
11. 5:15
12. Love Reign Over Me
13. Won't Get Fooled Again
14. My Generation
15. Naked Eye (My Generationからのメドレーですが、ここは1曲にしときましょう。)

16〜19. Tommy Medley (Pinball Wizard, Amazing Journey, Sparks, See Me Feel Me)
20. Tea & Theatre

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

2008/11/16 The Who @ さいたまスーパーアリーナ

Rock Odyssey以来、4年ぶりの来日。高崎線の中で、懐かしのRock Odysseyのビニール袋をまだ持っていた男の子がいました。物持ちのいい子だ。(笑)来るとは思っていたけど、やっぱり来てくれたThe Who。今月のRockin' Onのインタビューでも言っていたが、きっとRogerとPeteはこの後もどんなにぼろぼろになろうとも続けるだろうし、また日本にも来てくれるに違いないと思ってます。
しかし、前回来日時よりもほんとに普通の意味でのThe Whoを見せてくれたような気がする。1曲目はまさかの"I Can't Explain"。最近はEndless Wireからの"Fragments"だとばっかり思ってたので、びっくり。調子良さそうだし、周りもさすがに休みの東京近郊だからか、Whoのファンが多そうだし、ここでも安心する。さいたまスーパーアリーナはライブ向けのセッティング。キャパを考えると後ろのモニターはライブ映像だとばかり思ってたら、イメージビデオのみ。Rogerにやだって言われてから、ライブ毎回DVDで出すのやめたのは知ってたけど、あってもよかったような気がする。しかし、これほど平均年齢の高いライブも久しぶりだ。2曲目"The Seeker"、3曲目"Anyway Anyhow Anywhere"で、4曲目で"Fragments"。このイントロは騙されるので、1曲目なんだろうと変に納得。
Peteはいつも通りのような気がするが、Rogerの調子がよかったんじゃなかろうか。"Sister Disco"で出だしちょっともたついた感じだったのも、Rogerのマイク投げで調子戻したような気がするし。"Baba O'reily"や""Won't Get Fooled Again"などでの大合唱はすごくうれしかったけど。"Relay"とか"Eminence Front"での反応の薄さはなんだろうか。やっぱり70年代も後半まで届かないということか。全体の感じは80年代の構成のような感じもする。"5:15"は最後の方でPeteが怒ってたので、何だと思ったら、どこかの馬鹿がビールをステージに投げたらしく、それで怒ったらしい。帽子かぶりっぱなしで、サングラスもかけたままで、しかもジャンプもしなかったけど、切れたというところはさすが。
アンコール後はTommyメドレー。See Me Feel Meもみんな歌ってる。まじでうれしい。
あ、でも17時スタートはちと早いかと。地方の人考えるといいんだろうけど。
明日は武道館だ。Quick Oneやってくんねえかな。
以下、セットリスト。

2008/11/16 The Who @ さいたまスーパーアリーナ setlists
1. I Can't Explain
2. The Seeker
3. Anyway Anyhow Anywhere
4. Fragments
5. Who Are You
6. Behind Blue Eyes
7. Relay
8. Sister Disco
9. Baba O'reily
10. Eminence Front
11. 5:15
12. Love Reign Over Me
13. My Generation
14. Won't Get Fooled Again

15〜18. Tommy Medley (Pinball Wizard, Amazing Journey, Sparks, See Me Feel Me)
19. Tea & Theatre

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

2008/10/4 & 2008/10/5 Radiohead @ さいたまスーパーアリーナ

そもそもなぜ2回行ったかというのは、単に購入時にはずれがないように2つエントリして、1つキャンセルし忘れたというのが、本当のところなのだが、2004/4の幕張以来のRadiohead。土曜日は天気がよかったんだが、日曜日は雨である。だけど、セットリストも2回とも違うし、行って正解だった。どちらかというと、よかったのは日曜日。録画(どうも11/28にWOWOWで放送らしい)が入ってたからか、セットリストの関係だろうか、日曜日の方が盛り上がってたような気がする。しかし、1曲目が"15 Steps"で、本編最後が"Bodysnatchers"ということだが同じで後は全部違うって、すごいな。要はどんなパターンにでもできるってことだろう。
2日間とも両方ともアリーナBブロックだったんだけど、土曜日は真ん中くらい、日曜日は後ろの方、後ろの方がステージの全貌が見えたって何だろうか。174cmで見えないんだから、周りにいた人はもっと見えなかったんだろう。日曜日は到着が遅れたので、スタンドから入ったんだけど、スタンドの見やすいこと。難しいな、実際。
以下、セットリスト。

2008/10/4 Radiohead @ さいたまスーパーアリーナ setlists
1. 15 Step
2. There There
3. The National Anthem
4. Lucky
5. All I Need
6. Nude
7. Where I End and You Begin
8. The Gloaming
9. Weird Fishes/Arpeggi
10. Videotape
11. Talk Show Host
12. Faust Arp
13. Jigsaw Falling Into Place
14. Idioteque
15. Climing Up The Walls
16. Exit Music
17. Bodysnatchers
(Encore 1)
18. House Of Cards
19. Bangers 'n' Mash
20. Paranoid Android
21. Dollars & Cants
22. Street Spirit (Fade Out)
(Encore 2)
23. Cymbal Rush
24. Reckoner
25. Everything In Its Right Place

2008/10/5 Radiohead @ さいたまスーパーアリーナ setlists
1. 15 Step
2. Airbag
3. Just
4. There There
5. All I Need
6. Pyramid Song
7. Weird Fishes/Arpeggi
8. The Gloaming
9. Myxomatosis
10. Faust Arp
11. Knives Out
12. Nude
13. Optimistic
14. Jigsaw Falling Into Place
15. Idioteque
16. Fake Plastic Trees
17. Bodysnatchers
(Encore 1)
18. Like Spinning Plates
19. Videotape
20. Paranoid Android
21. Reckoner
22. Everything In Its Right Place
(Encore 2)
23. Go Slowly
24. My Iron Lung
25. How To Disappear Completely

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/09/29

2008/9/28 Soul Flower Union w/渋さ知らずオーケストラ @ Shibuya-AX

ニューアルバム"カンテ・ディアスポラ"リリースにあわせてのツアー最終日。渋さ知らずとの対バン。開演時間から30分くらい遅れて入場。Fuji Rockで見たことあったような気がしたんだけど、渋さ知らずはすごい大人数!最後の方だけだったけど、楽しめました。
さて、19:15くらいからSoul Flower Unionスタート。前回来たPaul Wellerの時のやな予感がよみがえる。やっぱり音がもちゃっとしている感じ。場所的に正面PA前くらいだったので、音的にはベストポジションだったと思うし、その後あまり気にならなくなったからいいんだけど、やっぱりこの箱はちょっと難しいのかと思った。ライブは「神頼みより安上がり」でスタート。引き続きニューアルバムから「もっとおっぱい」「道草節」「ラヴィエベル」と続き、MC。ラヴィエベルはしっかりライブの定番だな、しかし。
とにかく中盤までほとんどニューアルバムからの選曲だが、非常に筋肉質のSoul Flower Unionである。調子はよさそうだ。本編でよかったのは、ラヴィエベルのジャケットに載っていたひさぼうというおじいさん(合掌)がなくなったという中川のMCではじまった「海へ行く」「寝顔を見せて」のメドレー。あー、「海を行く」って鎮魂歌で「寝顔を見せて」が子守唄だったんだとようやく実感をもって納得する。今まであまり入ってこなかったこの2曲がすっと入って来た瞬間だった。
アンコールで渋さ知らずも入って、「満月の夕」と「インターナショナル」。大人数ですごいことになってたけど、こんなpeacefulな「満月の夕」は初めてでした。大人数で歌うことでこんなに力を持つ曲だということをこれも知らされた感じだ。日本のアーティストのライブで泣いたのは初めてです。いや、「インターナショナル」含めてすごいジョイントでした。
2回目のアンコールは「荒れ地にて」と本日2回目の「うたは自由をめざす!」。相変わらずサービス精神一杯だし、客に歌わせながらフェイドアウトする「うたは自由をめざす!」って何だ!すげぇよかった!!
いつものことながら、楽しい一夜でした。12月も行かなきゃね。

1.神頼みより安上がり
2.もっとおっぱい
3.道草節
4.ラヴィエベル ~人生は素晴らしい!
5.月光ファンファーレ
6.愛の総動員
7.Shinya's Blessings(Mick's Blessings)
8.松葉杖の男
9.海へゆく
10.寝顔を見せて
11.郡上節(美保子:Vo.)
12.日食の街
13.閃光花火
14.ひぐらし(美保子:Vo.)
15.極東戦線異状なし!?
16.秋田音頭(JIGEN:Vo.)
17.うたは自由をめざす!
18.パレスチナ
19.Whirlaway
20.海行かば 山行かば 踊るかばね
21.風の市
<Encore1>
22.満月の夕(with 渋さ知らズオーケストラ)
23.インターナショナル(with 渋さ知らズオーケストラ)
<Encore2>
24.荒れ地にて
25.続・うたは自由をめざす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

2008/8/9 Summer Sonic 08 day 1

ずっと暑い日が続いていたので、暑さでどういうことになるんだろうと思ってたけど、曇りだったせいか意外と涼しかった今年のサマソニ。Fuji Rockに続いて、Summer Sonicも一日だけの参加。
ま、相変わらず出発が遅くて、15時頃に会場到着。いきなりやってくれたわ、と思ったのは一日券と二日券でリストバンド交換所が違ったこと。最初はメッセに入ろうと思ってたのが、いきなりマリンスタジアムまで行くことに。運用的には楽なのかもしれないが、迷惑このうえなくないか、クリマン。

ま、それでも雨に降られなかったことには助かりました。
この日に見たアクトと感想は以下の通り。
・髭(HiGE)(Island):まったくそのつもりがなかったんだけど、マリンスタジアム側まで行ったお陰で見ることにした髭ちゃん。Cajun Dance Party見るつもりだったんだけど、時間的にちょっとキツかったので。それにしても、人気あるんだな。結構人が入ってる状態。MCほとんど何言ってるかわからなかったけど、こういう場所で持ってく力については前に見たときよりついてるような気がした。
・Johnny Foreigner(Island):Zebraheadの音をLeft側の外で聴きながら、食事した後、再度Islandステージへ。New Wave的な音だけど、スリーピースのバンドにしてはすごく厚い感じの音でびっくり。アルバム聴いてた印象だともっとぺらぺらな音のイメージがあったから。結構楽しめました。
・The Dead Trees(Beach):Panic At Discoを見るためにマリンスタジアムのRight側まで回ってみたものの、なんか異常に疲れてたので、そのままBeachステージへ。初めて来たけど、ここが一番落ち着くかも。東京湾もきれいに見えるし。Adeleキャンセルで突然変わったからか、客は少なめだったのもあり、ゆっくり休めた感じ。9月にはアルバムも出るみたいだけど、前のEPがよかったので、期待してたんだけど、いやー久しぶりに新人らしい新人バンドを見た感じがしました。あ、いい意味でですが。最近やたらうまいバンドばっかりなので、すごく新鮮だったかなと。でも曲はいいし、今後に期待できるんじゃないでしょうか。もうちょっと聴いていたかったけど、次のために20分くらいで移動。
・The Verve(Marine):今日はこのためにあると言っても過言ではない。待ちに待ったVerve。このために今年のSummer Sonicに来たんだから。当然スタジアムのアリーナまで行き、待つこと少し。約1曲分のSEで入場し、スタートは"This Is Music"!!Richard Ashcroftすげえカッコいいし。さすがカリスマである。存在感が違う。1時間ちょっとの短いステージだったけど、ほとんどベスト的な選曲でした。Sonnetも、途中でとちった(?)からかやり直したDrugs Don't Workも、そして当然Bitter Sweet Symphonyもやってくれたし、すばらしい出来でした。新曲がもろサイケデリックになってたのも個人的にはOK。今度は必ず単独で来てほしい。
・Sex Pistols(Mountain):8/7にPaul Weller見に行ったのは最後の枠でPistolsを見るためだったんだけど...。本日初めての幕張メッセ。タイムテーブル的にスタートに間に合わないのは予想してたので、無理せずに移動。というか、ある意味期待してたんだけど、全然ダメじゃん、Pistols。音は確かにしっかりしてるけど、現役感まるでなしだし、John Lydonもいつものように日本人馬鹿にして、Bushがどうたらとか批判したりしてるだけで、何のためにやってるのか全くわからず。単なる冗談にしか聴こえなかった。Block Partyの奴がPILやってくれと言って殴られたらしいけど、同じことを言いたい。もういい加減にいいんじゃなかろうか、Pistolsは。ということで、3曲くらいしか聴かずに移動。
・Paul Weller(Sonic):ということで、2日前に引き続きでPaul Wellerを見ることに。でも、これが音楽でしょう。続けてくるということにいかに意味があるということがわかった。それにしても、ここは評価してもいいと思うんだけど、Shibuya-AXよりもメッセの方が音がよく聴こえたのは一体なんだろうか。メッセでがんばったのか、AXがタコなのかが微妙ではあるが...。スタートには間に合わず、この日も"Sea Spray"から見る。どうもそういうことになってるらしい。セットリスト自体は2日前のものベースでフェス用に短縮した感じ。ただ、アンコールは"Town Called Malice"!!やってくれました。無事に今年のフェスも締めることができました。感謝。

さすがに最後までいると京葉線が混む混む。なかなか東京方面のホームにあがれそうになかったから、蘇我方面に戻って、座って帰ることに。時間が後になるほど、元気だったのがなんか不思議。

2008/8/9 The Verve at Summer Sonic 08 setlists (Marine Stage)
1. This Is Music
2. Sonnet
3. Space And Time
4. Sit And Wonder (新曲)
5. Life's An Ocean
6. The Rolling People
7. The Drugs Don't Work
8. Lucky Man
9. Bitter Sweet Symphony
10. Love Is Noise (新曲)

2008/8/9 Paul Weller at Summer Sonic 08 setlists (Sonic Stage)
1. 22 Dreams
2. The Changingman
3. From The Floorboards Up 
4. Sea Spray
5. All I Wanna Do
6. Out Of Sinking
7. Push It Along
8. Porcelain Gods
9. Peacock Suit
10. Picking Up Sticks
11. Broken Stones
12. Wild Wood
13. Echoes Round The Sun
14. Come On / Let's Go
15. The Eton Rifles
16. Whirlpool's End
Encore
17. Town Called Malice

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/08

2008/8/7 Paul Weller at Shibuya-AX

なんだかんだで仕事が忙しくて、会場に着けたのが、7:30。前座が入るから大丈夫だろうと思ってたら、Sea Sprayが始まっている状態で満員の会場に入ることになってしまった。
Rock Oddysay以来で、なぜか単独は初めてのPaul Weller。
予想通り、New Albumからの曲が多数。ソロの曲と古い曲が違和感なく続いているような感じ。はずれはないとは思ったけど、確実だね、このクラスになると。あと年齢層も割りと高めの人も多かったかな、外人含めて。後ろにいた外人はらりってるのかなんなのか知らんが、やたらめったらうるさかったけど。
ただし、場所が悪かったからなのかも含めて、音がよくなかったなぁ。Shibuya-AXも初めて行ったけど、会場内区切りすぎだし、確かにちょっと広いような気もしたけど、音響はもうちょっと改善して欲しいかなと。

以下、セットリスト。

2008/8/7 Paul Weller at Shibuya-AX setlists
1. Blink And You'll Miss It
2. 22 Dreams
3. From The Floorboards Up
4. All I Wanna Do (Is Be With You)
5. Out Of The Sinking
6. Sea Spray
7. Carnation
8. Empty Ring
9. Porcelain Gods
10. Picking Up Sticks
11. Wishing On A Star
12. Broken Stones
13. Have You Made Up Your Mind
14. Speak Like A Child
15. Invisible
16. You Do Something To Me
17. Echoes Round The Sun
18. Come On / Let's Go
19. The Eton Rifles
20. Whirlpool's End
Encore
21. The Changingman

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

2008/7/26 Fuji Rock Festival '08 Day2 @ Naeba

えー、すいません。すっかりご無沙汰です。
仕事が忙しくなり、手が遠のいてしまいます。そんな中2年ぶりに行ってきました苗場まで。
最近はアーティストがSummer Sonicに持ってかれてるような気がしてますが、それでもFuji Rockはやっぱり楽しい!あの感じは都会では出せないよね、やっぱり。
ただし、今年は1日のみでの参戦。Primal ScreamとIan Brownがお目当て。

さて、相変わらず遅い時間に起きた関係で到着は16時前くらい(^^!
我ながら困ったことである。Hard-Fiは見たかったかな。
越後湯沢駅から会場に向かう途中に雨が降ったくらいで、雨に降られなかったのは幸い。天気が悪かったお陰でそれなりに涼しかったし。

この日に見たアクトと感想は以下のとおり。
・Asian Dub Foundation(Green):といってもステージ通過時に通ったのみ。なんかメンバーチェンジで遠のいた感じ。
・The Gribs(White):Zutons待ちのため、最後にちょっと見ただけ。うーん、今時のパンクだねえ。
・大道芸(ところ天国):隠れたFuji名物なんじゃなかろうか。また今年も楽しめた。
・The Zutons(White):今回の収穫だ。いやー、ライブもこんなにいいとは。曲もR&Bテイストばっちりで踊れるし。ここで踊るつもりなかったんだけど、思わず踊っちゃいました。地味な印象だったんだけど、客もいっぱい入っていたのがびっくり。
・Janet Klein(Orange Court):Zutonsが終わって、会場奥まで行っておこうと思ったので、Board WalkでOrange Courtまで。50'sのジャズというかスタンダードが繰り広げられていて、思わず足をとめちゃいました。お腹が空いていたのもあって、ここで食事。玉ねぎ辛かったけど、豚丼うまかった。おかげでTricky見逃したけど、Fuji Rockらしい時間を過ごせたかな。
・Primal Scream(Green):ギターが2本になってアルバム2枚目。前のライブが何となく音の薄さを感じたのと、ギター3本のままのアレンジにちょっと違和感があったんだけど、見事に学習効果を見せてくれたライブだった。スタートはNew Albumから"Can't Go Back"、そして"Dolls"。このバンドで素直にHyper Electric GarageでないScream Teamを見たいな、と思った通りの展開はうれしい。それが発揮されたのが、3曲目の"Miss Lucifer"じゃなかろうか。New Albumからの曲もちりばめ、"I Love To Hurt (You Love To Be Hurt)"ではCSSのLovefoxxも参加。前に見たときも思ったけど、すげえかわいらしい。Bobbyもノリノリだったし。最後は"Shoot Speed/Kill Light"、"Swastika Eyes"、"Rocks"、"Country Girl"、"Movin' On Up"(順番こんなじゃなかっただろうか)。あ、"I'm Losing More Than I'll Ever Have"やったな、めずらしく。最終日もあるからというのもあるだろうが、割とあっさり終了。次を考えるとすごく助かった。
・Ian Brown(Red Marquee):Primal Scream終了して、混雑しているところを急いでRed Marqueeへぎりぎり間に合う。いつものように"God Fatherのテーマ"で開始。1曲目はなんだ多分新作からの曲だが思いっきり地味に始まった。しかも前半はかなり抑えめの曲で前にFujiで見たときのように最後客がすごく少なくなるんじゃないかと心配したくらい。ま、次がUnderworldなので仕方がないか、と思いつつ、そんなに減らない状況の方にびっくりしたりも。"Golden Gaze"で盛り上がったのはうれしかったぞ。しかし、最後の最後までRosesの曲やらなかったので、このまま最後までソロ曲だけで突っ切るのかと思いきや、最後から2曲目で"Waterfall"!やっぱ盛り上がる。そして、"F.E.A.R."で終了。Red Marqueeのトリといえども、あんまりアンコールやらないステージなので、このまま終わるかと思いきや出て来てリクエストを取る!そして、"Resurrection"!今回はお祭りモードで楽しめました。

新潟方面で宿を取ったので、ここで移動。またもや大忙し。さすがに足が痛くなってました。
さて、次はSummer Sonic前のPaul Weller、そしてSummer Sonicだ。

(2008/7/29追加)

2008/7/26 Primal Scream at Green Stage Setlists
1.Can't Go Back
2.Dolls
3.Miss Lucifer
4.Jailbird
5.Beautiful Future
6.I'm Losing More Than I'll Ever Have
7.Suicide Bomb
8.I Love To Hurt (You Love To Be Hurt) w/Lovefoxx
9.Shoot Speed/Kill Light
10.Swastika Eyes
11.Rocks
12.Country Girl
13.Movin' On Up

(2008/7/31追加)
2008/7/26 Ian Brown at Red Marquee Setlists
1.Goodbye To The Broken
2.On Track
3.Street Children
4.Time Is My Everything
5.LoveBug
6.All Ablaze
7.Keep What You Got
8.Longsight M13
9.Dolphins Were Monkeys
10.Golden Gaze
11.Sister Rose
12.Waterfall
13.F.E.A.R.
(encore)
14.I Am The Resurrection

(2008/8/7追加)
2008/7/26 The Zutons at White Stage setlists
01. Zutons Fever
02. Don't Ever Think (Too Much)
03. Why Don't You Give Me Your Love?
04. What's Your Problem
05. Hello Conscience
06. Always Right Behind You
07. Pressure Point
08. Harder and Harder
09. Give Me A Reason
10. Valerie
11. You Will You Won't

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/07

2008/3/6 Ian Brown @ Shibuya O-East

わずか半年後のFuji Rockへの参加もすでに決定済みのIan Brown。久々の単独来日。
あまり人がはいっていなかったら、さびしいと思っていたけど、ほぼ満員の入り。
東京はRyukyu Discoが前座。その途中から会場入り。
7:50ころ、トランペットによる”ゴッドファーザーのテーマ”で御大登場。
そして、”I Wanna Be Adored”! そして、2曲目は”Made of Stone”!
まじで泣けてきた。Summer Sonicの時と比べても今のIanのバンドにフィットしている感じがする。
その後、前半はベスト、そして”My Star”後から新作からの曲。”On Track”も”Sister Rose”もマジでカッコいい。
そして、前作からの曲、”Time Is My Everything”や”Keep What Ya Got”もいい。
本編は”Golden Gaze”で締め。抜群である。
そして、アンコール。なんと”Waterfall”!!大阪ではやってなかったみたいだから、すごい。そして、”I Am the Resurrection”!!! 合唱をあおる、あおる。
これまで、IanはあえてRosesの曲をやらなくても、ソロの曲だけでもぜんぜんOKだと思ってたけど、考え変えました。これだけの曲は誰かに聞かせないともったいない。
最後は"F.E.A.R."。すごい力技の後だけに収められるのかと思ったけど、そこはベテラン。
曲の強さももちろんあると思うけど、現役の強さを見た気がする。
Fujiも迷ってたけど、やっぱり行くしかないかな。

以下、セットリスト

1. I Wanna Be Adored
2. Made Of Stone
3. Dolphins Were Monkeys
4. Destiny Or Circumstance
5. Time Is My Everything
6. The Sweet Fantastic
7. Lovebug
8. My Star
9. On Track
10. Street Children
11. Goodbye To The Broken
12. Keep What Ya Got
13. Longsight M13
14. Sister Rose
15. Golden Gaze
(Encore)
16. Waterfall
17. I Am The Resurrection
18. F.E.A.R.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/27

Summer Sonic '08アーティスト発表

さて、Fuji Rockに先立ち、Summer Sonicから今年のラインナップが発表された。現時点で発表されたのは以下の通り。(モバイルサイトでの発表順)
・Coldplay
・The Verve
・Spiritualized
・Alicia Keys
・Mute Math
・Fatboy Slim
・New Found Glory
・Zebrahead
・Sex Pistols
・The Prodigy
・Paul Weller
・Devo
・The Jesus and Mary Chain
・Panic At The Disco
・Maximum The Hormone
・Against Me!
・Beat Union
・Band of Horses
・Bedouin Soundcrash
・Cajun Dance Party
・Crystal Castles
・Friendly Fires
・Jack's Mannequin
・Junkie XL
・Late of the Pier
・The Metros
・New Young Pony Club
・Old Man River
・Polysics
・Silversun Pickups
・The Subways
・Skindred
・South Central
・The Ting Tings
・We Smoke Fags
・Xavier Rudd

とまぁ例年になく第1弾から大量発表になったわけだが、このラインナップにFuji Rockはどうゆうメンツでくるんだろうか?うーん、去年に引き続き結構いいとこ取られている感が強いな、個人的な印象としては。
特にVerveについては、今年の必見のひとつだったがために、これでSummer Sonicに行くのは決まった感が強い。あと、まさかのジザメリとか。新人でもCajun Dance Partyが早々にSummer Sonicに決まってるし。
Pistolsも来るんだねぇ。ま、なかなか次が考えにくいから見るだろうな。
そういう意味では現時点でこのメンツでどうゆう時間割になるのかの方が興味深い。
恐らく近日中にFuji Rockの方も出てくると思うけど、なかなかどうなるかは難しいところだ。Ray Daviesが来るなら、絶対なんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/10

2008/2/10 忌野清志郎 & Nice Middle with New Blue Horns plus 仲井戸"CHABO"麗市 「忌野清志郎復活祭」@日本武道館

2日間連続ライブなんて、フェス以外で何年ぶりだろうか。当初、Rageは行くこと決めてて、後からこれが決まったので、行くしかないだろう。
昨日と違って今日は暖かいいい天気。入り口で快気祝いの手ぬぐいもらいました。
座席はステージ正面に近いものの、2階席のほとんど天井に近い席。こんな席、大学の卒業式以来だ(笑)。
定刻18:00から10分ちょっと遅れてスタート。”よぉーこそ”だったらいいな、と思っていたんだけど、ソロから"Jump"、そして"涙のプリンセス"。
曲自体はソロとRC時代の曲半分ずつくらい。
”いい事ばかりはありゃしない”からCHABOも参加。マジですばらしい出来。
しかし、本編2時間半に、アンコール3曲+アコースティックでの1曲含めたら、3時間である。いやいやすごい体力だ。本当に文字通り「完全復活」だろう。
本編最後も、”スローバラード”、最新アルバム「夢助」からの”激しい雨”、”どかどかうるさいR&Rバンド”、”気持ちE”、どこで終わってもおかしくないんだけど、続いたからね、さらにもう1曲。
アンコールこそ、”よぉーこそ”をやってくれたし、そして、”雨上がりの夜空に”。
とにかく、癌で入院という話が出たときはどうなるかと思ったけど、復活してよかった。

武道館正面入り口。
200802101733001


Setlists
1.JUMP
2.涙のプリンセス
3.誇り高く生きよう
4.ダンスミュージック☆あいつ
5.NIGHT AND DAY
6.デイ・ドリーム・ビリーバー
7.いい事ばかりはありゃしない
8.君が僕を知ってる
9.チャンスは今夜
10.ぼくの好きな先生
11.私立探偵
12.多摩蘭坂
13.毎日がブランニューデイ
14.コーヒーサイフォン(CHABOソロ)
15.GOD
16.スローバラード
17.激しい雨
18.ドカドカうるさいR&Rバンド
19.キモちE
20.Baby何もかも

encore:
21.よォーこそ
22.ROCK ME BABY
23.雨あがりの夜空に
24.LIKE A DREAM(清志郎ギター弾き語り)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/02/09

2008/2/9 Rage Against The Machine @ 幕張メッセ

あの97年の台風の中の天神山Fuji Rock以来のRage。
今日も天気が悪い。なんか以前レッチリのライブが延々と見れなかったのと同じように、Rage=天気が悪いということなのだろうか。
18:30の開始時間直前に到着。すごい人でクロークにも荷物を置かず、グッズ売り場も素通り。
25分くらい遅れて開始。記事では見ていたけど、以前とまったく変わらない音の強度。
それこそ媒体含めて久しぶりにザックを見たような気がするけど、アフロ&ひげということを除いて、何も変わりなし。
解散して再結成というより、単に数年間活動を停止していただけのような気がしてきた。
約1時間ちょいで終了も、代表曲はほとんどやりつくしてくれたんじゃなかろうか。

帰りは雪は降っていなかったんだけど、雨で死ぬほど寒かった。海浜幕張の駅のカレーで何とか生き返ったけど。特急で東京まで帰還。東京は雪が積もっていた。

終了後の会場。自分がいたエリアから脱出後、最後部エリアから撮影。
200802092022001



Setlists
1.Testify
2.Bulls On Parade
3.People Of The Sun
4.Bombtrack
5.Vietnow
6.Bullet In The Head
7.Know Your Enemy
8.Renegades For Funk
9.Guerrilla Radio
10.Calm Like A Bomb
11.Sleep Now In The Fire
12.Wake Up

-encore-
13.Freedom
14.Killing In The Name

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/16

2007/12/15 Soul Flower Union at Liquid Room Ebisu

なんと今年4度目のSoul Flower関連ライブ。そして、昨年に引き続いて年末のライブに行った。
7時5分くらいに久しぶりに月亭可朝ではなく、普通のイントロでスタート。1曲目はラヴィアベル!しかし、今日のライブは飛ばす飛ばす!代表曲ばっかりだったし、すごい内容だったと思う。Soul Flowerについてはライブのはずれはないけど、これまででも1番の内容だ。本編最後の”エエジャナイカ”~”殺人狂ルーレット”のメドレー、アンコール1発目の”満月の夕”での大合唱は圧巻。
今年最後のライブだけど、これでよかったという感じだ。
あ、奥野+河村の"Slippin' & Slidin'"よかったです。日本語詞はぜひ公開してほしいくらい。

setlists(2008/10/6追加。http://www.breast.co.jp/soulflower/index.html)
1.ラヴィエベル〜人生は素晴らしい!
2.ムーンライト・ファンファーレ
3.松葉杖の男
4.ホライズン・マーチ
5.辺野古節
6.極東戦線異状なし!?
7.スリッピン・アンド・スライディング(奥野:Vo.)
8.世紀のセレナーデ
9.そら(この空はあの空につながっている)
10.風の市
11.荒れ地にて
12.騒乱節(JIGEN:Vo.)
13.郡上節〜かわさき(美保子:Vo.)
14.アル・ファジュル
15.寝顔を見せて
16.パダン・パダン(美保子:Vo.)
17.エエジャナイカ
18.もののけと遊ぶ庭
19.サヴァイヴァーズ・バンケット
20.殺人狂ルーレット
21.神頼みより安上がり
<Encore1>
22.満月の夕
<Encore2>
23.海行かば 山行かば 踊るかばね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/28

2007/08/27 Soul Flower Mononoke Summit@Duo Music Exchange

なんか8月入って、ライブ評しか書いてませんが...。
今日から1週間夏休みである。後半は旅行が入っているんだが、その前にライブ。部屋のそうじもしようと思ってるんだけど、一向に進まず。で、19時過ぎに渋谷の会場に到着。O-Westとか他の会場は来たことあるけど、この会場は初めて。柱がちと邪魔だけど、せり出し型のステージは割りといい感じ。すでにDonal Lunnyが始まっていた。すごく響きのいい弦楽器をベースにしたすごく穏やかでいい感じ。Fujiの早い時間にField Of Heavenとかで聴くといいんだろうなと思う。
で、再びイントロは月亭可朝の「嘆きのボイン」。相変わらず大人数で登場。ライブは相変わらず素晴らしい。Mononoke結成時や神戸の震災での話を交えながら、進む。Soul Flower Unionと2つやっていることがいいバランスになっているように思える。しかし、中川さんはウタの力をすごく信じているんだろうな、と思う。アンコールは1回だったけど、きっちり1時間半以上やってくれるんだから、満足である。冬にはまたMononokeでやってくれるみたいなので、うれしい限りだ。

setlists(2008/10/6追加)
1.美しき天然
2.辺野古節
3.聞け万国の労働者
4.トラジ
5.カチューシャの唄
6.ドンパン節
7.ダンチョネ節(特攻隊節)〜ピリカの唄
8.戦友〜ああわからない
9.弥三郎節
10満月の夕
11.くんじゃんジントーヨー
12.魂花トゥルルンテン
13.安里屋ユンタ(ヒデ坊&奈月:Vo.)
14.ヒヤミカチ節(ヒデ坊&奈月:Vo.)
15.お富さん
16.がんばろう
17.インターナショナル
18.さよなら港
<Encore>
19.だんじゅかりゆし
20.豊年音頭(奈月:Vo.)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/13

2007/08/12 Summer Sonic 07 Day2 @ Makuhari

今日も暑い。雨に降られるよりよっぽどましだが。
結局、今日も14時ころ会場入り。行きは東京駅から特急。やはり早い&楽。時間的には間に合ってたので、Enter Shikariを見に行ってもよかったんだが、SonicでBrett待ち。
で、今日のアクトは以下。

・Brett Anderson(Sonic):ソロアルバムとSuedeの曲を織り交ぜた構成。末期のSuede、Tearsと比較しても、正直今回のライブが一番よかったような気がする。すごくリラックスしているように見えたし。特に最後の”Trash”、”Beautiful One”、”Saturday Night”はよかった。それにしても、Brett体型変わんないな。
・Hot Chip(Dance):CDで聴くより全然よかった。ライブはいいだろうなと思っていたので、これがCDになってでてくるといいんだけど。
・Bright Eyes(Sonic):アルバムも好きなので、割と今回気になっていたバンド。アコギ一本だったりするんじゃないかと思っていたので、大構成でのステージにびっくり。休憩しながら聴いていたが、しっかり聴けるライブだった。
・Manic Street Preachers(Marine):今回はじめての野外(笑)。だいぶ風がでていたし、陽も陰ってきていたのでまだましだったけど。最初はアリーナへの入場の人の多さにいやになってスタンドへ。スタートは”You Love Us”。いやー、貫禄だった。アリーナでのライブも慣れてるし、今回サポートメンバー(ギター、キーボード&SAX)もいて、久しぶりに分厚い音でのManicsである。サポートメンバーってこれまで入れてなかったような気がするんだけど、音の面から考えると大正解だと思う。内容は新作と1st”Generation Terrorists”からの曲がほとんど。”Everything Must Go”や”Design For Life”という定番以外は、1stの曲が多かったのは一体なんだろう。今回のアルバムとの共通性の意味でもちょっとなぞ。”Stay Beautiful”、”Motown Junk”、”Little Baby Nothing”、そして最後の曲は”Motorcycle Emptiness”!いやいや、素晴らしいライブでした。というわけで、我慢できずに途中からアリーナへ移動。それにしても、アリーナの前のブロックまで行って、座っているのは一体なんだろうか。
・Cornelius(Sonic):逆周りでメッセに帰ってきて、さらなる遠さにいやになる。スタートからちょっと遅れて、会場入り。いや、初めてみたけど、映像と演奏力はすごいな。最近の作品は割りと音響中心のところがあるけど、さすがにライブは激しい。
・Unkle(Dance):生バンドにDJで、ボーカルがテープだったり、生声だったり。そういう意味では不思議なライブ。ま、形態が形態だけにこうなるんだろうけど。Corneliusが終わってから行ったから、やったかどうかわからんけど、Ian Brownもの(”Be There”、”Reign”)が聴きたかったかな。開き直って生ライブなんだろうけど、面白かった。
・Pet Shop Boys(Sonic):再度マリンスタジアムに戻る気がまったく起こらず、食事を食べながら、最初の方だけ。すごいパッケージングだな。疲れてたので、途中で帰ったけど、帰り際に通常のライトが取っ払われているのに気づく。そういえば、Corneliusの時も使ってなかったから、はずしたんだろうか。

今年のSummer Sonicはきっちりライブが見えました。Summer Sonicに望んでいるのはそれなので、よかったんじゃないだろうか。会場整備含めて、ようやくできあがったような気がする。
帰りも特急にぎりぎりで間に合った。

飯:
・崎陽軒のシウマイ弁当:行きの電車の中で食べる。先週の「浜ちゃんと(日テレの深夜番組)」で桜庭が食べていたのを見て、食べたかったので。
・タイラーメン:フェスでタイラーメンはいい。1回は食べる。
・カレー
・ハイネケン:Sonicステージの後ろにあるハイネケンブースは生ビール。素晴らしい、ていうか気づけよ、おれ。売り子のおねーちゃんがかわいかった。

以下、一応写真撮ったので、載せておきます。風景のみですので。

Nec_0011
Sonicステージ。Brettまちの時、撮影。


Nec_0009_2
Danceステージ入り口。


Nec_0007_2
マリンスタジアムへの移動中。まだまだ遠い。


Nec_0006
マリンスタジアムに到着。


Nec_0005_2
スタンドから。Manics待ちのとき撮影。


Nec_0004_2
Manics終わって、再度メッセへの途中で撮影。


Nec_0001_2
宴のあと。



追加:Brett Andersonのセットリスト
1. To The Winter
2. Love Is Dead
3. Dust And Rain
4. Everything Will Flow
5. Back To You
6. Can't Get Enough
7. Filmstar
8. Trash
9. Beautiful Ones
10. Saturday Night



追加:Manic Street Preachersのセットリスト
1.You Love Us
2.From Despair To Where
3.Your Love Alone Is Not Enough
4.Everything Must Go
5.Ocean Spray
6.If You Tolerate This Your Children Will Be Next
7.Autumnsong
8.Stay Beautiful
9.Motown Junk
10.Design For Life
11.Little Baby Nothing
12.Imperial Bodybags
13.You Stole The Sun From My Heart
14.Motorcycle Emptiness

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/12

2007/08/11 Summer Sonic 07 Day1 @ Makuhari

今年はFujiに行かなかった。行かなかった理由は、宿が取れそうになかった・最初の面子があまりよくなかった・行くのがしんどいとかいろいろあるけど、最初の時点での面子がSummerSonicの方が豪華だったのは非常に大きい。どうもFujiに行かずに8月になってしまったので、このくそ暑い中であってもいまいち夏になった感がゆるいんだけど、そんな中ある意味夏の終わりの始まりであるSummerSonicが始まった。
で、OK Goはかなり見たかったのだが、いきなり寝坊して遅刻。それどころか、Stranglersにようやく間に合ったくらい。HorrorsもShitdiscoも見逃した。
さて、アクトに関して書く前に全体としての印象を書こう。前回は人の多さに辟易したが、同じくらい入れていると思われる今回は非常に快適に過ごせる状態だった。メッセの裏側=駐車場を開放したのは大きい。マリンスタジアムにまったく行ってないので、あちら側はまったくわからないが、メッセに関しては今までになく導線にも気を利かしたのがわかる状態だったと思う。相変わらず、企業ブースがいっぱいあるのはいい加減風景としてなれてきたので、それほど気にならなかったし。この位の数で押さえて、今の状態で運営してくれると、去年のように来年は行かねとはいわないはずだ。

本日見たアクトと感想は以下のとおり。
・The Stranglers(Sonic):”No More Heroes”が聴けてよかった。それにしても客少なかったな。
・Interpol(Sonic):アルバムが気に入っていたので、気になっていたバンド。派手さはないけど、いい曲、いいライブ。
・CSS(Dance):最後のほう、ちょっとだけ。Kasabianの前座で見ているけど、その時よりもNew Waveっぽいなと感じた。
・Dinosaur Jr.(Sonic):LCD Soundsystemがどうしても見たかったので、2曲くらいしか聴けてないが、すごいノイズだった。Sonicステージ、音量でかい。もうちょっと見たかったが、”Just Like Heaven”が聴けてよかった。
・LCD Soundsystem(Dance):LCD SoundsystemがFujiに出てたら、Fujiに行ったと思う。それくらい個人的には見たかったバンド。本日唯一ちゃんと前の方に行ったし。1曲め、”US V Them”。今年の3月にこの曲で人生の中でも割と大きな決断をしたので、むちゃくちゃ感慨深い。そして、踊りまくり。そして、”Daft Punk Is Playing At My House”。最後の”Yeah”まで約1時間、1stと2ndをきっちりと融合したすごいライブでした。!!!といい、LCD Soundsystemといい、この辺りのバンドのライブは本当に見る価値がある。2005年2月の来日の時は1stしか出ていない状態+James Murphyが風邪でおそらく声が出ていなかっただろうことを考えても、ボーカリストとしての成長は見るべきものがあると思う。前回は前回であの鬼気迫るような感じはなかなか味わえないものだろう。頼むから単独で来日してほしい、DJ Setじゃなく。
・Klaxons(Dance):これも今年Summer Sonicに行こうという気にさせたバンドのひとつ。ベースが骨折したとかっていう話はニュースで見ていたので、どうするのかと思ったら、車椅子で出てきた。以前UKの新人バンドと言えばへたくそだったのが、うまくて驚いた。パフォーマンスもよかったと思うけど、どうもDanceステージは音が小さい。Sonicと比べちゃうと特に顕著で、後ろのほうにいるとなんか音がこもったような感じがするので、何とかしてほしいものだ。半分くらいいったところで、退場。それにしてもすごい人だかり。入場制限でてたんじゃないだろうか。
・Modest Mouse(Sonic):今回Johny Marrが加わったことで認知度がいきなりあがったと思うんだけど、こういうUSのバンドは侮れないな、というのを改めて認識。客の入りといい、去年のFlaming Lipsを思い出した。時間的にはちょっと押したんじゃないだろうか。7:30ころ終了。そのころにはおそらく次のTravis待ちだろう子たちが増えていた。

ということで、本日SonicステージとDanceステージしか行ってません。(笑)
トリはどれもあまり食指が動かず、そのまま帰り。ま、早く帰ってこれてよかったんじゃなかろうか。若くないんだし。帰りは今年も特急で帰り。
明日もがんばろう。

飯:
・タコス:以前会社の下に入ってたんだけど、ビルの改装でなくなってしまったので、久しぶり。食べたかったので、食べた。やはりうまい。
・吉野家牛丼:といっても、海浜幕張駅のところのやつ。それにしても屋台で牛丼がないのはなぜだ。
・ポカリスウェット:いつもこの時期はお世話になってます。
・ハイネケン:生ビールが欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/25

2007/06/23 Soul Flower Union at Liquid Room Ebisu

3年ぶりのマキシシングルリリースにあわせたツアーの最終日。イントロは月亭可朝の「嘆きのボイン」、ってなんじゃそら。そして、"エエジャナイカ"。いきなりである。
ライブ自体はもういつもどおり素晴らしい。今回の方がさらにロックよりだったような気も。中川さんのところに子供ができたそう(おめでとう!)で、ロックはよくわからんとのことだったが、さらにロックだ。前回聞けなかった"うたは自由をめざす!"、"インターナショナル"をやってくれたのはうれしい。アンコールもなんだかんだで、2回やってくれたし、充実の2時間半。
今年の夏は21回ライブだそうで、がんばってください。また、行きます。

set lists
1.エエジャナイカ
2.ムーンライト・ファンファーレ
3.松葉杖の男
4.海へ行く
5.うたは自由をめざす!
6.イデアのアンブレラ
7.国境線上のカルナヴァル(ヒャクショウ・ソウル)
8.辺野古節
9.秋田音頭(JIGEN:Vo.)
10.極東戦線異状なし!?
11.スイミング・プール
12.野づらは星あかり
13.平和に生きる権利
14.道草節
15.ラヴィエベル ~人生は素晴らしい!
16.火の玉ロック(奥野:Vo.)
17.もっとおっぱい
18.神頼みより安上がり
19.海行かば 山行かば 踊るかばね
20.インターナショナル
21.さよなら港
<Encore1>
22.満月の夕
<Encore2>
23.荒れ地にて
24.風の市
(from http://www.breast.co.jp)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

2007/06/06 Red Hot Chili Peppers at Tokyo Dome

3/23の東京ドーム公演の振り替え公演。何はともあれちゃんと来てくれたことに何となくほっとする。これが4回目のRHCP。
東京ドームはほぼ満員という感じ。ただ、ちょっと入場の導線が悪くて、えらく入場までに時間がかかった。19:20ごろ席に到着とほぼ同時にスタート。席はアリーナのライト側前の方。そういえば、Stonesの時もそうだったなと思いつつ、音の悪さに辟易する。ひずむは、照り返しがすごいはで前の方といえど、米粒くらいにしか見えない位置で音が悪いのがつらい。定番となりつつある"Can't Stop"、"Dani California"だ。音が悪かったがために、前回見たFujiとの比較はよくわからん。そういえば、前回の単独来日の時(たしか幕張ビックサイトだったと思う)も音の悪さが気になったのと同じだ。東京ドームだからある程度はあきらめているが、もう少しなんとかしてほしいものだ。
曲自体は"Higher Ground"とかライブで初めて聴く曲もあって面白かったのだが。アンコール前は"By The Way"でFinish。この曲は本当に確実な曲になったなと思う。アンコールの最後はなんと”Power of Equality”!!これはまた意外な終わり方である。昨日が"Under The Bridge"~"Give It Away"ということを考えるとうーんとうなるところだが、ま面白かった。約1時間40分。2時間できるだけのものはあると思うんだけど、やらないな。あ、チャドは働きもんだ。
以下、セットリスト。

2006/6/6 setlists
01 : Intro
02 : Can't Stop
03 : Dani California
04 : Otherside
05 : 21st Century
06 : Fortune Faded
07 : Warlocks
08 : Parallel Universe
09 : John Solo (SOS)
10 : Snow ((hey oh))
11 : Higher Ground
12 : Strip My Mind
13 : Around The World
14 : Hey
15 : Right On Time
16 : Hump De Bump
17 : Flea Solo
18 : By The Way
(ENCORE)
19 : Chad Solo / Flea's Trumpet Solo
20 : I Could Have Lied
21 : The Power Of Equality

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/19

RHCP来日延期、夏フェス

今日気づきました、Red Hot Chili Peppersの来日が延期です。どうも秋になるみたいです。
実は1ヶ月間違えて、2月だと思ってました。バカです。東京ドームに2/23に行ったら、ユリの展覧会やってました。
チケット購入当初からだから、呆れる。ちなみに2月と3月は曜日が一緒なんです。
病気なら仕方がないが、どうも昔からRHCPのライブにはなんかが起こる。古くは大宮まで行って、John Frusciante脱退で中止('92)になるし、あの台風のFuji Rock '97、そしてUSにいた時はテレビでのライブでも音声出てこなかったし。ま、待ちましょう。
で、FujiもSummer Soniもすでに出演アーティストが第2弾まで発表された。そんな季節である。ま、迷ってますが、まだ。今のところ、Summer Sonicの方が惹かれるな。Klaxons、OK Go、Interpol、そしてStranglersだもんな。一日にまとまってくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/05

2007/3/2 !!!(chk chk chk) at Shibuya O-East

すでに今年は3本めのライブ。ピッチ早いな、我ながら。でも、ライブは見れるときは見たほうがいい、そう思わせるライブだった。
Shibuya O-Eastは2005年2月のLCD Soundsystem以来(当時のレポートはここ)。このBlogをはじめてからも2年以上たつのか、我ながらよく続いているものだ。そして、LCD Soundsystemも今月にはNew Albumである。
さて、!!!。ライブミニアルバムを聴いていたので、すごさはわかってるつもりだったが、いやーすごかった。とにかくビートが重い。自分の方の体調がいまいちだったのが、すごく残念だが、Funkyで奇妙なビートが鳴り響いたライブだった。会場はフルハウスで、こんなに人気があったんだというのはちょっとびっくり。1stの曲がNo Waveぽかったのも、2ndのFunkが飲み込んだような感じ。そう、変なPunky Funky Beatのバンドだった、!!!は。
Red Hot Chilli PeppersとUSツアーをしたらしいが、スタジアムの経験が音圧をさらに高めているようだ。
夏フェスにも来てくんないかな。これはFujiのField Of Heavenとかで見たいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/24

2007.1.20 Soul Flower Mononoke Summit at Kichijoji Star Pine's Cafe

12月のSoul Flower Unionを見た時に、Mononoke Summitをどうしても見たかった分である。
イベント自体は沖縄の辺野古に新しく米軍基地を作ることに反対を表明した「つづら折りの宴~わったーしまは割ったーまもる」。Soul Flower Mononoke Summit含めて、5バンドが参加。
会場は初めて行ったところだが、明らかにキャパシティーオーバー。倒れていた人もいるみたいだったけど、見えなかった人も相当するいるんじゃないだろうか。少人数であれば、バーもちゃんとしてるし、悪くない会場だと思うけど。あまりにも人が多かった。
モノノケは3番目の出演。1曲目のデモクラシー節?やありがとうなど、割と1枚目からの曲が多かったようで、初めて聴く曲も多かったのだが、中川にしても伊丹英子にしてもそうなんだが、すごく楽しそうに演奏していたのが印象的だった。白塗りのおっさんは癌で告知された日を超えても生きているそうだが、まさに唄は強しなのかもしれない。
沖縄まで行きたいな。

setlists(2008/10/6追加。http://www.breast.co.jp/soulflower/index.html)
1.聞け万国の労働者
2.デモクラシー節
3.ああわからない
4.魂花トゥルルンテン
5.満月の夕
6.安里屋ユンタ
7.ヒヤミカチ節
8.がんばろう
9.新世紀平和節(東京節)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/23

2007.1.14 Kasabian at Zepp Tokyo

今年にはいって、初めてのエントリーです。どうも書く気が起こらず、すでに2本もライブに行っているにも関わらず、レポートも書かず、という感じでここまで来てしまいました。キャッチアップしていきます。
ということで、今年1発目のライブになったのは、Kasabian。13日のZepp横浜公演を取り損なった関係で、追加のZepp Tokyoで見た。さすがに横浜の前にも東京国際フォーラムでやっているだけあって、ほぼ満員ではあるけれども、多少の余裕はあった。
前座はCSS。ここでも書いたようにアルバムが気に入っていたので、前日にCSSが前座であることを知った時は正直楽しみだった。もっとカスカスの音なのかと思っていたので、割とちゃんとしていて、それにはびっくり。というか、途中で楽器入れ替えるのってびっくりした。ドラムがあんなに前に出ていたのは、叩く人変わるためだったのね。ボーカルのネェちゃん、レオタードだし。ブラジル恐るべし。
19時くらいにKasabianスタート。おー、ビートが重たいな。ライブを聴くとやっぱりなんでアルバムがこうなったのかがよくわかる。2ndがライブで栄える曲が多いのは正直収穫だった。ライブは本編1時間とアンコールで合計1時間半。
さて、セットリスト。

01.Brown Acid
02.Shoot The Runner
03.Reason Is Treason
04.Sun Rise Light Flies
05.Cutt Off
06.By My Side
07.Me Plus One
08.Empire
09.Seek & Destroy
10.Processed Beats
11.Last Trip(In Flight)
12.The Doberman
encore:
13.Aponea
14.Club Foot
15.Stuntman
16.L.S.F. (Lost Souls Forever)
大阪と東京国際フォーラムがこのセットだったので、同じだと思うんだけど。ま、こんな感じです。違ったら、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/18

2006.12.16 Soul Flower Union at Liquid Room Ebisu

恵比寿に移ってから初めてのLiquid Room。そして、日本のバンドの単独公演となると、RC以来じゃないだろうか。(いつぶりだ!)ベスト盤を聴いていたら、無性にライブが見たくなったので、見に行くことにした。Soul Flower自体もずいぶん前のFuji Rock Festival以来、多分2000年か2001年。
Liquid Roomは、入り口はいって、昇って、また降りるみたいな変なレイアウト以外は割と気に入っている。時間待ちのスペースも結構あるし。
さて、ライブだ。おそらく秋のライブの時がベスト盤お披露目ライブだったんだろうと思うんだけど、見事なまでについこないだ出たベスト盤からの曲が少なかった。何曲かは新曲だったんではなかろうか。演奏でびっくりしたのは、すごくRockだったこと。もっと民族音楽色(この言い方はあまり好きじゃないんだが、他に言葉が見つからんかった。)の強い演奏だったような記憶があるんだが、圧倒的にRockであった。これはMononoke Summitと活動を分けていることによるのかもしれない。と、いうことで確認のためにも1.20の吉祥寺でのライブに行くことに決めた。見なければ、ならんだろう。
そして、中川敬の「うた」である。ここには圧倒的に「うた」があった。世の中どうでもいい歌があふれているが、こんなに感じさせてくれる「うた」はそれほどない。演奏面では、奥野真哉のキーボードがすばらしかった。
ベースソロ以降のアンコールを含めたライブ後半は圧巻!このライブがこのハコで見られるのはしあわせである。アンコール2回、3時間弱にも及ぶライブであった。
あー、まとまってねえ。

1.アル・ファジュル
2.国境線上のカルナヴァル
3.松葉杖の男
4.非公式な夜
5.レプン・カムイ
6.ベラ・チャオ
7.パレスチナ
8.極東戦線異状なし!?
9.潮の路
10.秋田音頭(ジゲンVo)
11.みんな信者
12.雑種天国
13.閃光花火
14.寝顔を見せて
15.国王ワノン一世の唄(奥野Vo)
16.道草節
17.ラヴィエベル
18.アテルイとモレの逆襲
19.神頼みより安上がり
20.こたつ内紛争
21.エエジャナイカ
<Encore1>
22.アンチェインのテーマ
23.満月の夕
24.海行かば 山行かば 踊るかばね
<Encore2>
25.風の市
<Encore3>
26.荒れ地にて

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/04

2006.11.30 U2 at Saitama Super Arena

いや、さすがU2という感じのShow。おそらくこの位のハコでは最高峰なんではないだろうか。
さいたまアリーナはStones以来。スタンディングだけ、あってホールの構造が変えてある。ただし、帰りの導線がひどかったので、出口はもっとあった方がいいような気がするが。
内容は圧巻の一言。それほどU2に詳しい訳ではない自分であっても、全曲知ってるし。さすがにすごい。Sunday Bloody SundayのところでClashのRock The Casbaを入れたり、いろいろ遊びもあったし。
すごかったのが、後ろの全面スクリーン。あれをスクリーンというのかわからないが、金網のようなところから出てくる映像はすごかった。メンバーの映像が左右に2分割ずつされているのも全体のパッケージ感を重視した感じでよく考えてあるし。
これを書くためにwww.u2-vertigo-tour.comをみたら、初日とはセットリストが違ったみたいで、こっちはこっちで見たかった。
以下、セットリスト。

01. City Of Blinding Lights
02. Vertigo
03. Elevation
04. Until The End Of The World
05. New Year's Day
06. Beautiful Day
07. Angel Of Harlem
08. The First Time
09. Sometimes You Can't Make It On Your Own
10. One Tree Hill
11. Sunday Bloody Sunday
12. Bullet The Blue Sky
13. Miss Sarajevo
14. Pride (In The Name Of Love)
15. Where The Streets Have No Name
16. One

(Encore 1:)
17. The Fly
18. Mysterious Ways
19. With Or Without You

(Encore 2:)
20. Window In The Skies
21. Desire
22. All I Want Is You

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/21

2006.9.21 Primal Scream@Zepp Tokyo

これで何回目だろうか、すでに全国各地を回ってきたPrimal Scream東京公演。ぎりぎりの時間に到着したが、フルハウス。さすがにキャリアが長いだけあって、年齢層も結構広めだ。10分遅れくらいでスタート。1曲目はMovin' On Up。今回のライブは、Evil Heatまでの3作とRiot City Bluesの音の作り方の違いをどう吸収するのかが、楽しみだった訳だが、そういう意味では無難なというか、今回のアルバムモードでの選曲だった。Kill All Hippies、Burning Wheel、Kowalski、Swastika EyesといったSEがある曲もSEは利用しているもののアレンジは生音重視というか、これまでの打ち込みの音を最小限にとどめたような形であった。そのため、割と音の感じが浮いてしまうかと思っていたRiot City Bluesからの曲も昨年のFuji Rockの時よりも当然だがFitしていたと思う。音の面で驚いたのは、Kevin Shields不在というか、やっぱりギターが一本減るとあの音の壁状態がゆるくなってたことかと。
本編はCountry Girl〜Rocksで終了。アンコール3曲目でSpecial Guest登場! なんと、Wilko Johnson!! 日本にいたんだ。そして、"She Does It Right"!!いやー、おどろいた。Wilkoの動きはあのままだし、まさかまさかである。そして、Wilkoもいる状態で、"Accelerator"!! そして、2回目のアンコールである。これもFujiの時にはなんだかわからなかった"Gimme Some Truth"をはさんで、"Sick City"で終了。最後はなんとなく"Search & Destroy"で終わるのかと思ったら、中断もあってちょっともめてたみたいだが、Bobbyの機嫌もよく、最後にThank you!もあった。
全体としても、いいライブであったと思う。ただ、ここまで打ち込みをはずすなら、ヒット曲でも思い切ってはずしてしまってもよいような気がするし、そのバランスはやっぱり難しいような気はした。
以下、ちょっと抜けがあるが、セットリスト。

01.Movin' On Up
02.Dolls (Sweet Rock & Roll)
03.Jailbird
04.Shoot Speed/Kill Light
05.Suicide Sally & Johnny Guitar
06.Kill All Hippies
07.Burning Wheel
08.When The Bomb Drops
09.The 99th Floor
10.Medication
11.Kowalski
12.Swastika Eyes
13.Country Girl
14.Rocks

[Encore]
15.damaged(バラードだったんですが、ちょっと曲名がわかりません。調べたら、Damagedだったんですね。まさかの選曲ですね。)
16.Rise
17.She Does It Right (With Wilko Johnson) (Dr. Feelgood Cover)
18.Accelerator (With Wilko Johnson)

[Encore2]
19.Skull X
20.Gimme Some Truth (John Lennon Cover)
21.Sick City

Encoreの1曲め知っている人教えてくださいませ。Sick City前にやりかけたのはNeat Neat Neatだったようで。しかし、コーラスのねぇーちゃんたちはあまり活躍がなく、何のためにいたのかちょっとよくわからないくらい。そこはBobbyはメインボーカルをほぼ任せきりだったShaun Ryderとは違い(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/08/16

Summer Sonic '06 Day 1

いきなり本題からはずれるが、先週末からMacのディスクは壊れるは、PCはWindowsをぶち壊すはで、修復にてんやわんやさせられた。同じ週に2つとも壊してしまったがために、大変な目にあった。ま、Windowsの方は人災だけど。そんな状態から何とか最低限の復旧をした上で、今年のSummer Sonic。
出かけようと思ったら、いきなりの激しい雷雨で出鼻をくじかれる。ぐだぐだしているうちに収まったので、出かけた。
今回のSummerSonicはなんと言ってもCharlatansである。前回にFujiに来た時は行けなかったし、(多分)その前の単独来日もチケット取ってたのに行きそこなった。去年も書いたような気がするが、SummerSonicってライブの集合体でしかないと思っているし、近い=安いということもあって若いのもいっぱいいるので、なんか面倒くさくなってくる部分もあるから、ま、好きなものだけ行くというのは個人的にはありなのだ。ということで、今年は1日めのみ参加。
Raptureはちょっと見たかったけど、結局着いたのは、Scritti Politti。うーん、人気がないなぁ。というより、知ってるやつはほとんどいないような感じすらあった。大勢座ってたし。会場に座ってるなら、どっか別の場所にいろよと言いたくなる。こういうところにも場所に遊びが少ないサマソニの欠点が出たか。
途中いったん抜けて腹もへったので、飯を食う。生ビールは相変わらずない。これも去年書いたが、缶ビールはさびしかろう。あと、ブースが企業ベースばっかり。そこら中にロゴは張ってあるし。ま、いいんだけど。

愚痴を書くといくらでもあるのだが、とにかくCharlatansに関して書く。素晴らしかった。最近のライブはDVDで見てたから知ってたけど、こんなにきちんとした音を聴かせてくれるとは思ってなかったので、うれしい誤算だった。もともとTimの声は太い方ではないので、前に見たときはちょっとつらそうな曲もあったけど、今ではすっかり貫禄である。N.Y.Cでスタート、2曲めでもうNorth Country Boy!! 最新アルバムと旧作がいい感じでMixされて演奏が進んでいく。意外だったのは、The Only One I Know! 懐かしかったなぁ。1時間のセットだったが、いいライブでした。もうすっかりベテランなんだね。年も取るはずである。
終了後は、Daft Punk待ちのやつらがなだれをうって入ってきたので、一旦出ようとしたおいらは逆流に耐えながらの状態だった。それにCharlatans知らずに来てたやつも多数だろう。ここはというところでどうも受けが悪かったし。なんだろうか、あれは一体。Daft Punkがどんだけ人気があるかしらんが、ちょっとマナーが悪すぎる。
そのDaftPunkはゆったりしてる間に入場制限がかかって、そのままFlaming Lipsへ。空いてたな、本当に。でも、すごくPeacefulな雰囲気で好きな人がいます!という感じでこちらもすごくよかった。風船飛ばしすぎだけど、演奏ちゃんとしてるしね。Charlatansもこういう雰囲気で見たかった。Lips終わりで、もう退場。どうせDaft Punk入場規制してたし。帰りは東京まで特急に乗って帰る。プラス500円。

総括。
Summer Sonic、来年もアクトしだい。ただし、特別なアクトでなければもういい。

The Charlatansのセットリストは以下(http://www.summersonic.com/06/report/より抜粋。原文から修正あり。曲順は正しく覚えているわけではないが、こんな感じだったと思う。)
01. N.Y.C
02. North Country Boy
03. Then
04. Muddy Ground
05. Weirdo
06. Feel The Pressure
07. Jesus Hairdo
08. One To Another
09. The Only One I Know
10. The Architect
11. You're So Pretty
12. Blackend Blue Eyes
13. My Beautiful Friend
14. How High
15. Sproston Green

飯:
・タコス:いつも会社の下で食ってるやつ。うまいんだけど、同じものはなぁ。
・ハイネケン缶:しつこい
・タイラーメン:辛くなかった。いまいち。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/08/04

Fuji Rock、2日めは40,000人!

2日めは40,000人だそうだ。そりゃ、あれだけ人もいるわな。
7/28(金)36,000人 7/29(土)40,000人 7/30(日)39,000人
延べ 131,000人

去年が、動員数125,000人/キャンプサイト利用者:16,000人/テント設置数:7,000張り(www.fujirockfestival.comより)だそうだから、さらに6,000人増か。その前までは100,000人がやっとなんだから、すごいね、やっぱり。
さすがに動員的にはいっぱいいっぱいだと思うんだが、来年は何か手を打ってくるんだろうか。

出典:10周年のFUJI ROCK FESTIVAL、天候に恵まれ無事終了!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/03

Fuji Rock Festival '06 Day3 (2006/7/30)

遅くなりました。Day 3です。
昨日の雨は夜には止んでいたとはいえ、多少の不安があった日曜日だったが、晴れ!!湯沢(宿泊は越後湯沢近辺)はちょっと暑いくらいだった。
11時くらいに宿を出て、いざバス乗り場へ。またしても、ここで大渋滞。バスに乗るまで1時間半である。待っている間に誰かが言っていたが、並ぶのに慣れた感すらある。それでも、うんざりはうんざり。もう少しバスの台数を増やしてもいいんじゃなかろうか。
会場に着いたのは14時ちょっと前くらい、今回の目的の一つであったrinôçérôseを見に、White Stageに急ぐ。ぎりぎりだ。

この日に見たのとコメントは以下のとおり。
・rinôçérôse(White):上でも書いたが、今回のFuji Rockで楽しみにしていたアクトのひとつ。土曜日に出演だったら、これに間に合うように行ったことだろう(笑)。1曲めは"Get Ready Now"でスタート、2曲目は"Bitch"(多分)。思ったよりもぜんぜんRockでびっくりした。がんがんギターが出てくる。元RideのMark Gardnerまで登場。1曲で終わりとは贅沢な。ビキニ姿の外人のねーちゃん含めてガンガンに盛り上がる。Whiteもいっぱいだ。終盤、iPod+iTunesのCM曲"Cubicle"。これが終わったら割りと多めのオーディエンスが会場を後にした。ま、しょうがないけど、なんだかなという気はした。内容は満足。単独で来日してもみたいくらい。あと、昔からだけど、Whiteはちょっと風の影響を受けすぎかな。後ろの方だと風で音が流される。
・酋長(ところ天国):大道芸。ファイヤーショーを見る。これまであまりちゃんと見たことがなかったが、面白かった。夜にOasisでもちらっとみたけど、細かいことをやるんであれば、昼間の方がいいね。
・Broken Social Scene(White):うしろの方でゆったり聴く。圧倒的な演奏力。すごい。
・うろうろした後、GreenでJason Mrazを聴きながら、昼寝。一日中はさすがに持ちません。
・The Raconteurs(Green):うぉっ。圧倒的だ。すごい。テンポラリーなバンドだから、と思ってたら、とんでもない。White Stripesとは違うが、いいステージだった。ただ、持ち曲数が少ないから時間が短くなるのは仕方がないわな。
・The Strokes(Green):初めてのStrokes。確か見る機会はあったはずなのに、何で見たことないんだろうな。もっと気難しいバンドだと思ってました。1曲目から"Juicebox"!アルバムに近い形で進んでいくのと、無理に曲を長くしないのはいいね。Is This ItやNew York City Copsのような1stの曲と比べると、最新作が彼らがライブをしていく上で必然的なものであったのだろうということを感じた。これでキラーチューンが生まれると本当にすごくなるんだけどな。
・Happy Mondays(Green):もっともっとぼろぼろでへろへろかと思ってました。ちゃんとしてるじゃん。Sean Riderはただの親父だったし、Bezも髪が白くなったけど、あのグルーヴは生き返った。1曲めの"Loose Fit"から最後の"24hour Party People"まで、これまでMondaysを聴いたことないだろうと思われる連中すら、踊りまくりである。新曲らしき曲もやった。今契約どうなってんだろうな、割と調子よさげなので、もったいない。
と思ったら、「ハッピー・マンデーズ、14年ぶりの新作を完成」だそうだ。リリースは未定みたいだけど、楽しみである。

終了後、昨日のようなことはごめんだったので、速攻でバス乗り場へ。今日は並ばずに乗れる。越後湯沢駅、難民が多数。最終に乗れなかったのだろうか。臨時電車が関東・関西方面に出たみたい。
翌日、昼ごろ東京帰還。なんだかんだ言っても、Fuji Rockは楽しい。

rinôçérôseのセットリストは以下(2006/8/16追加。taken from http://www.barks.jp/news/?id=1000026147)
01. Get Ready Now
02. Bitch
03. La Guitaristic House
04. Stop It
05. Fiction Dancer
06. Le Rock Summer
07. Music Kills Me
08. Cubicle
09. Funky Funky Music

The Raconteursのセットリストは以下(2006/8/16追加。taken from http://www.barks.jp/news/?id=1000026144)
01. Hands Outro
02. Intimate
03. Level
04. Steady, As She Goes
05. Together
06. It Ain't Easy (David Bowie Cover)
07. Bones
08. Bang Bang (Cher Cover)
09. Blue Veins

Strokesのセットリストは以下
01. Juicebox
02. The End Has No End
03. Red Light
04. The Modern Age
05. Heart In A Cage
06. Electricityscape
07. Is This It
08. Ize Of The World
09. Someday
10. Heard To Explain
11. 12:51
12. You Only Live Once
13. Last Nite
14. Ask Me Anything
15. Vision Of Division
16. Reptilia
(Encore)
17. New York City Cops
18. Take It Or Leave It

最後に今年のFuji Rockに対する総評を。
・前々から言われていることなんだけど、Fuji Rockは定着したんだと思う。だから、今回のような割と弱めのアクトでもあれだけの人を集めたんだろう。そして、新しい年代も増えているし、初めて来た人たちも多かったように思える。最初のころとは違って、ビニールの雨合羽ではない人たちも増えた。色々と慣れたんだろう。
・ちょっとアクトが弱い。いいところは全部Summer Sonicに持ってかれているような気がする。Field Of Heavenで見たアクトがないところにその層の薄さが出ているのではないだろうか。もうちょっとがんばれ。
・昨日の記事でも書いたが、人を入れすぎである。もしくは、入っているだけの人を維持できるだけのインフラがない。あるいは弱い。バスもそうだし、混みすぎている会場もしかり。終了時間後に普通に越後湯沢まで帰れないのはさすがにまずいだろう。

ま、それでも来年も行くんだろうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

Fuji Rock Festival '06 Day2 (2006/7/29)

すでに終了して1日過ぎてしまっているが、とりあえず自分のためにも書いておこう。
最近は金曜日からというのはやはり時間的&体力的にちょっとつらく今年も2日目からスタート。楽しみは楽しみだったんだけど、直前になると割りといろいろな面倒がかかるので、ちょっと面倒くさくなったりして、結局苗場に入るのは夕方だったりするんだが、今年も越後湯沢駅に着いたのは17時ころ。って、遅すぎだ、とさすがに自分でも突っ込むくらい。着いた時点で雨。また、今年も雨である。確かこの日程にしたのは、晴れの率が高かったからだという話を以前に何かで読んだ気がするが、どうも雨にはたたられているようだ。日程変えるにも、他のフェスが増えすぎた関係でなかなか難しいだろうし。
雨の話を続けると、私が愛用しているのは青色のポンチョである。一番楽チンだし、ぬれる範囲も少なくて済むのが気に入っている。しかし、今年はビニールのレインコートを使っているやつがだいぶ少ないように思えた。大した進歩である。

さて、会場に入ったのは、18:30前くらいで、この日に見たのとコメントは以下のとおり。
・Sonic Youth(Green):ほとんど入場するのみに聴いたくらいなのだが、相変わらずSonic Youthである。ただ、Sonic Youthはやはり晴れの日に寝転がって聴くのが一番よい。逆に雨の中では、Foo Fightersかな。ま、1回目の印象が強いからかもしれんが。
・Junior Senior(Red Marquee):楽しい! Dance、Dance、Danceって感じ。ここも人があふれてる。
・電気グルーヴ(Green):うわ、人人人。ヘッドライナー以外でGreenでこんなに人があふれてるのをはじめて見た。ステージ前まで行くのが面倒だったのもあって、割と後ろで見る。電気って前に見た記憶がないので、初めてだと思うのだが、今回のセットは割りとムーディーな感じのセットではなかっただろうか。富士山で瀧が富士山のコスプレで登場。確か1回め以来のはずだ。
・Kula Shaker(Red Marquee):再結成したKula Shaker。新曲もかなりの数やったが、ちょっとつらい内容だった。近くまで行ってないので、はっきりとはわからないのだが、クリスピアン・ミルズは昔のままの容姿だったし、音もそんなに代わりがあるとは思えないけど、なんかちょっと古い。いいのは、やっぱり1stの曲だけなんだよな、残念。
・Red Hot Chili Peppers(Green):筋肉質が増えました!というようなライブ。すごい。Freaが乗りのりだった。Anthonyは声量が増えたような感じだ。Stadium Arcadiumがライブになるとこれほど力強いものになるとは思わなかった。まさに最強!である。

とにかく、人の多さにいやになった。特にレッチリ終わってから、越後湯沢行きバスに乗るまで、2時間半以上(バスに乗れたのは1:45)である。バスに乗れたからいいものの、2時で最終ですというのはいくらなんでもひどすぎないか。レッチリの動員力、というのもあるんだろうが、あまりにも入れすぎだろう。

以下、レッチリのセットリストとこの日の食事。Day 3は明日書く予定っす。

Red Hot Chili Peppers Setlists
01. Intro. - Can't Stop
02. Dani California
03. Scar Tissue
04. Charlie
05. Fortunes Faded
06. Readymade
07. Thraw Away Your Television
08. Snow (Hey Oh)
09. Me & My Friends
10. Wet Sand
11. Right On Time
12. How Deep is Your Love (John Frusciante)
13. Don't Forget Me
14. Tell Me Baby
15. Californication
16. By The Way
(Encore)
17. Give It Away

この日の飯
・チキンカレー
・牛串

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/30

Fuji Rock最終日

STROKES終わりました。あとはHAPPY MONDAYSだけです。グリーンステージ前でメール打ってます。写真は設営中の様子。っても解像度が低くてわからないとは思いますが・・・。細かい感想は帰ってから書きます。あと15分程で始まるのでこの辺で。人も集まってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/02

2006.4.2 Rolling Stones at Saitama Super Arena

ていうか、もう来てしまった、Stonesのさいたまスーパーアリーナ公演。なかなか更新できずにすいません。
東京ドームではアリーナのど真ん中だったせいか、どうも音が回っているような感じがしたのだが、さすがに今回はアリーナだけあって快適。今回はアリーナC列。まぁ、アリーナでは割と後方。
開演予定の18:00から20分遅れて、前座のリッチーなんとか(ていうか2回も見てるんだから覚えろって)開始。割と受けていたようですが、私は寝てました。2回目だし。
19:20スタート。3/22東京ドームと比べて、違う曲だったのは、It's Only Rock 'n' Roll、Wild Horses、そして、Midnight Rambler!まぁ、何度も聴いてますが、やっぱりいいものはいい。Swayも前回よりよかったし、Keithも声出てました。
で、アリーナでもやっぱりBステージ!今回はハコが狭いだけあって、Bステージが席から非常に近く、近いところで見えたのはよかった!しかし、席ありのライブで席の上に立ったり、席を移動している人間がこんなに多かったのも初めて見た。さすがにBステージが帰ったら注意されてましたが。Bステージはいいんだけど、音の距離感が変なのが何とかなるのがベストかと。ま、ちょっと難しいとは思うけど、ドームの時は後ろから音が聞こえてきたからなぁ。
やっぱりきっかり2時間で終わるところは、さすがである。セット違うのにねぇ。
以下、セットリスト。

1. Jumping Jack Flash
2. It's Only Rock'n Roll
3. Let's Spend The Night Together
4. Oh No Not You Again
5. Sway
6. Wild Horses
7. Rain Fall Down
8. Midnight Rambler
9. Tumbling Dice
--- Introductions
10. This Place Is Empty (Keith)
11. Happy (Keith)
12. Miss You (to B-stage)
13. Rough Justice
14. Start Me Up
15. Honky Tonk Women (to main stage)
16. Sympathy For The Devil
17. Paint It Black
18. Brown Sugar
19. You Can't Always Get What You Want (encore)
20. Satisfaction (encore)

前回も書いた写真は気が向いたらあげます。一応、今回も少しだけあるので。あんまり大したもんでもありませんが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/23

2006.3.22 Rolling Stones at Tokyo Dome

ま、すごいとしか言いようがない。
Bigger Bang Tour日本での初日に行ってきた。夕方からあいにくの雨。
18時ごろ東京ドームに到着したが、外のグッズ売り場はすでに満員であっさり行くのをあきらめた。
19時から30分間リッチーなんとかが前座。曲が終わるたびに拍手していたやつが多いが、あっさり無視してやる。どうでもいい曲だ。
で、20時過ぎからスタート。
すごいと思ったのは以下の通り。
・袋まで500円取るMick Jaggerの商魂
・ステージ:ほんとに建物になっていて、2Fと3Fに人がいやんの。こんなセットは初めて見た。あと、正面のスクリーン。驚異的に絵がきれい。東京ドームの中ってある程度明るいから見にくくなることがあったんだけど、そんなことは一切なし。大きさも申し分なし。最近のツアーでは恒例の第2ステージもまたびっくり。これまでは第2ステージでやる際には、別のステージに移る、という感じだったが、曲の途中で動きやんの。すげぇ。真ん中に通路が取ってあったので、何となくわかっていたが、それでもびっくりした。ステージもメインステージで4人分くらいの場所が切り離された。しかもCharlieのドラムセットごとである。コムサイステージと呼びたい。
・アレンジ:驚いたことに定番曲でさえ、アレンジを変えていた。90年代以降のツアーである程度アレンジが固まってきたと思っていたのだが、今回のツアーではここ最近のパターンのアレンジで演奏していない。ていうか、今更アレンジ変更するのか、この親父どもは。Sympathy for the devil以外は割とオリジナルに近い感じで演奏していたように思える。
・ネタの多さ:これまであまりやってなかった曲をきちんとやってる。ま、いつものことだけど。知ってはいたけど、Jumping Jackで始まるのもびっくりしたが。今回のライブで初めて聴いた(ような気がする)のは、Let's Spend The Night Together、She's So Cold、Sway、As Tears Go By 、Miss You、Get Off Of My Cloud。Bigger Bangからの新曲も思ったより多くやってくれたのでよかった。
・全員若すぎ。恐ろしいくらい全然変わってない。Keithは声が出てなかったような気はしたが、それでも元気いっぱい。

以下、セットリスト。

1. Jumping Jack Flash
2. Let's Spend The Night Together
3. She's So Cold
4. Oh No Not You Again
5. Sway
6. As Tears Go By
7. Tumbling Dice
8. Rain Fall Down
9. Night Time Is The Right Time
--- Introductions
10. This Place Is Empty (Keith)
11. Happy (Keith)
12. Miss You (to B-stage)
13. Rough Justice
14. Get Off Of My Cloud
15. Honky Tonk Women (to main stage)
16. Sympathy For The Devil
17. Paint It Black
18. Start Me Up
19. Brown Sugar
20. You Can't Always Get What You Want (encore)
21. Satisfaction (encore)

写真取った分があるので、もう1回どこかで書きます。
あとは、4.2さいたまスーパーアリーナだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/11

2005/12/11 Pixies @ Studio Coast

急遽仕事が入って12/5のZepp東京単独公演に行き損なったPixies。追加公演を見に行った。
前日リリースされたライブDVDと同様にBone Machineでスタート。
割と落ち着いた感じで始まったような気がしたが、そこは百戦錬磨というのにふさわしいいいライブを見せてもらいました。
曲はベスト選曲。Debaserも、僕の好きなGouge Awayもやりました。
DVDでみた凶暴さはあまり感じませんでしたが、Frank Blackは腹に乗せてギター弾いてたし(笑)、Kimはすごいキュートでした。
しかし、若い奴ばっかりだったな。おやじばかりでも困るけど。
当時見れなかったのが、今になってしまったけど、追加公演のチケット取ってよかったです。
それくらいいいライブでした。1時間ほどだったけど、曲間がなくばんばん進んでいったので、短さをあまり感じなかったし。

Setlist(2005/12/24追加)
1.Bone Machine
2.I Bleed
3.Monkey Gone To Heaven
4.Cactus
5.Broken Face
6.Subbacultcha
7.Caribou
8.Hey
9.Velouria
10.Wave Of Mutilation
11.Gouge Away
12.Debaser
13.Tame
14.In Heaven
15.La La Love You
16.Here Comes Your Man
17.Holiday Song
18.Nimrod Son
19.Vamos
20.Where Is My Mind
encore
21.Gigantic

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/13

Summer Sonic 05 day 1

木曜からの体調不良&疲労の蓄積もあって、予想通りというか何というか見たのは、TearsとIan Brownのみ。ま、どうしても見たかったものだけしか見れてないと...。

それぞれ感想を。

・Tears
1時間くらいのセットリストだったけど、全曲Tearsの曲だった。Suedeの曲やるのかと思っていたが、そうでなかったところに現在の調子の良さがでていたような気がする。
最後にSuedeを見たのは確か2002年のSummer Sonicだったと思うのだが、その時よりものびがある演奏を聴かせてくれたのではないだろうか。特にBredの声と、Burnerdのギターの組み合わせはやっぱり絶妙だった。特にBurnerdギターひきまくり。これからを感じさせるいいライブだった。

Setlists(2005/12/25 added)
1.The Asylum 2.Lovers 3.The Primitive 4.Imperfection 5.The Ghost of You 6.Autograph 7.Brave New Century 8.Refugees 9.Two Creatures 10.Apollo 13 11.Beautiful Pain'.

・Ian Brown
確かにStone Rosesの曲をやると言ってたけど、まさか"I Wanna Be Adored"で始まるとは思ってなかった。IanとしてはずっとRosesの曲をやってなかったのもあったので、まじで泣けてきた。そして、"Made Of Stone","Elephant Stone","She Bangs The Drum"だ。ただ、ないものねだりなのは重々わかってはいるが、やっぱりJohn Squireのギターも、Maniのベースも、Reniのドラムもない。Rosesの曲はやっぱりすごく盛り上がったけど、少し悲しさを感じたのも事実だ。あと、RessurectionとFools Goldもやって欲しかった。
ソロの曲はもう少しやってもよかったような気がする。ベスト盤も出ることだし、1時間ではやっぱり短すぎるだろう。新曲もいい感じだし、ベスト盤リリース後に是非単独で来日して欲しい。
最後の曲はPistolsの"Submission"。なぜだ。

Setlists(2005/12/25 added)
1.I Wanna Be Adored 2.Made Of Stone 3.Waterfall 4.Golden Gaze 5.The Sweet Fantastic 6.Time Is My Everything 7.Forever And A Day 8.All Ablaze 9.Longsight M13 10.Keep What Ya Got 11.She Bangs The Drums 12.F.E.A.R. 13.Submission

・その他
いやぁ、何回かSummer Sonic行かなかったけど、すごい企業ブースが増えたなぁ。ま、わかりやすくていいんだけど。
あと、生ビール置いてくれ。カンじゃ寂しすぎる。
明日はもうちょっと見るように早めに寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/01

Fuji Rock Festival 2005 Day 3

いやいや、雨でした。あんなに降ったのは個人的には多分第1回の天神山以来だな。最近めっきり雨男になっているが、それが今回もそのまま適用された感じ。
さて、今年ですが、見たアクトは以下の通り。
・くるり
・The Futureheads(ほんのちょっとだけ)
・Moby(ステージ通過)
・Boom Boom Satellites(最後の曲のみ)
・Mars Volta
・New Order
・Primal Scream

いつものことですが、ただまったりとしているだけの時間も多く、あんま見てません。今年はWhiteまでしか行けてないし。やっぱ、前日泊じゃないとだめだな。

さて、印象に残ったとこを。
・くるり
ついにGreenまで登り詰めたくるり。めでたい。
・Boom Boom Satellites
雨の中の最終曲だけだったが、すごかった。盛り上がりも、雨も、人の多さも。
・Mars Volta
あー、すげぇプログレ的だと思いながら、New Orderに行っちゃいました。
・New Order
すげぇよかった。前回のFuji Rockの時と比べても段違いのできだったんではないだろうか。さすが本国ではヘッドライナーばりばりなだけある。Kraftyを日本語でやったのには驚いたが、バーナード・サムナーの腹にもびっくり。Blue Mondayをヨーロッパのフェスでやらなかったという話が入っていただけに、アンコール最後の盛り上がりはすごかった。雨もやんでたしね。
・Primal Scream
新曲を4曲くらいやった。ライブの内容自体はガレージロック的な音の作り方をしていたのが、印象的だった。今回の内容から判断するに、次のアルバムは"Give Out But Don't Give Up"に近いものになるのではないだろうか。新曲の曲調もRock 'n' Rollぽいものが多かったし、Kill All Hippies/Swastica Eyes/Kowalski以外は効果音も抑えめだった。アンコール前の最後の曲が、Movin' On Upだったのもそれを思わせる。アンコールはJ Mascisも一緒に大R&R大会。最後はNo Funで締め。雨にはたたられたが、やっぱFujiは楽しいね。来年はちゃんと行くことにしよう。

 

NEC_0006Greenの奥のアーティストグッズ売り場付近より。雨はまだ降ってないが、曇り空。

 

 

 

NEC_0009New Order前のGreenのステージ。雨止んでます。

 

 

 

# おまけ:今年のFesめし

・台湾ラーメン(雨の中食べたけど、体があったまってうまかった。今年の1番) ・チキンシシカバブ ・Kid's Landのところのブルーベリーパン。大安売り100円也。 おなか空いてなかったので、あんま食べてません。

 

 

# 8/12 追記

Primal ScreamのセットリストはSMEのやってるBlogサイト(ここ)に出ました。新曲は3曲だったようで。

Primal Scream's Setlists(added 2005/12/24)

1. Country Girl *(New Track)
2.Accelerator
3.Miss Lucifer
4.Rise
5.Shoot Speed/Kill Light (dedicated to New Order)
6.Burning Wheel
7.Alright *(New Track)
8.Kill All Hippies
9.Cars*(New Track)
10.Detroit
11.Jailbird
12.Medication
13.City
14.Rocks
15.Kowalski
16.Swastika Eyes
17.Movin' On Up
encore
18.Skull X
19.Just Gimme Some Truth (John Lennon)
20.No Fun (The Stooges)

New Order Setlists(added 2005/12/24. from www.neworderonline.com)

1.Crystal
2.Regret
3.Love Vigilantes
4.Krafty(Partly in japanese)
5.Transmission
6.Atmosphere
7.Run Wild
8.Waiting For The Sirens' Call
9.True Faith
10.Bizarre Love Triangle
11.Love Will Tear Us Apart
12.Temptation
encore
13.Your Silent Face
14.She's Lost Control
15.Blue Monday

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

Beat Connection/LCD Soundsystem

LCD Soundsystem:LCD Soundsystem

LCD Soundsystem/LCD Soundsystem

2.26 Shibuya O-Eastでライブ。
James Murphyが風邪をひいたらしく本人はへろへろだったが、ライブ自体は圧巻だった。
DJからライブに入ったところ(Beat Connection)の興奮は本当に久しぶりに震えた瞬間だった。
!!!のライブ盤もとんでもなかったが、今のDFA関連のすごさを示しているんだろう。
あ、そうかライブをみて、決めてるんだろうな。誰のプロデュースするかを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)