2010/08/08

2010/08/01 Fuji Rock Festival 2010 Day3@苗場スキー場

サマソニ1日め終わってからというのも何だかなという気はするけど、フジロックです。
その前の週がバカみたいに暑かったのからの反動か、苗場の天気は基本曇り。涼しくてよかったんだけど、夜は雨に降られて、ポンチョを使う羽目に。
それでも去年行かなかった分もあってか、どうやら到着から飛ばし過ぎた感じ。ま、はしゃいでたということで(笑)。ただし、体力不足なのは否めないな。来年はこんなことないようにしないと。

-Ozomatli
さて、会場到着は14時前ころ。Ocean Colour Sceanはある意味予想通り間に合わず。グリーンのDONAVON FRANKENREITERを横目で見ながら、フィールドまで。Ozomatliが最初。あまりの人の多さにたじろぐ。会社の後輩の知り合いも同じことをツウィートしてたらしいので、考えることは皆同じなんだろう。しかし、もうフジ常連だね、Ozomatliは。

-Mallacan
終了後トイレ待ちで、オレンジコートへ。ちょうどの最中だったけど、これが意外とよかった!Ozomatliの後のラテンというのもあるかもしれないが、今回1番の拾いものでした。

-Foals
で、ホワイトステージのFoalsへ。ここも座って見ようとあえて後ろの方にいたにも関わらず、人の多さゆえに立って踊ることに。音は予想よりも骨太で驚く。なんかボーカルはCureのロバート・スミスを思い出したけど。Vampire Weekendは残念ながらパス。

-LCD Soundsystem
Foals後はさすがに疲れて、そして腹へって、ところ天国で食事。いよいよLCD Soundsystem。今回最も見たかったバンド。ファーストアルバムの時の来日以来のライブ。一曲めのUs v Themから最後のYearまで、とにかく素晴らしかった。これで最後なのは本当に惜しまれる。つうか、フルセットのライブがどうしても見たいぞ。Losing My Edge聴いてないぞ、今回は。

-Atoms For Peaces
終了後、トムヨークを見るためにグリーンステージへ。ここでもまた人の多さにたじろぐ。今回はトムの別の側面が見えたのが面白かった。だって、ヘアバンドにタンクトップのマッケンロースタイルだもの。あんな変な踊りも見たことないぞ。フリーのベースだなって思う部分も多々あれど、この音ならRadioheadが見たいというのが正直なところ。本編終了時にホワイトステージに移動。

-Ian Brown
Atoms For Peacesがおそらく2度目はなくとも、Ian Brownだもの。で、開始時は予想していたとおり、ホワイトに食われている感があったのも事実。で、やってくれました。1曲めからI Wanna Be Adored!これはIanのライブに来た人へのプレゼントでしょう。そして、最後にFool's Gold!
新作からの曲もよかった。Ianもやっぱりフルセットを観たい。
それにしてもIan、5回めのフジロックとは。毎回見てます。

-Massive Attack他、その後
Ianで燃え尽きた感があり、レッドマーキー前のOasisまで足を引きずりながら、歩く。通り際に見たMassive Attackはやばかった。そのまま酔いそうな感じになる。
Oasisで疲れを取るように食事。ちょっとMassive Attack見に戻ったけど、バテバテでゆっくりとホテルまで。温泉はいって寝ました。

次の日は10時くらいに越後湯沢駅につくと大混雑。やはり3日めの動員というか、トム・ヨークの力の大きさに納得。ちゃんと帰りのこと考えておかないとね。
さ、来年はちゃんと鍛えて行くぞ。

以下、セットリスト。

2010/08/01 LCD Soundsystem @ White Stage setlists
1. Us V Them
2. Drunk Girls
3. Pow Pow
4. Daft Punk Is Playing At My House
5. All My Friends
6. I Can Change
7. Tribulations
8. Movement
9. Yeah

2010/08/01 Ian Brown @ White Stage setlists
1. I Wanna Be Adored
2. Time Is My Everything
3. Crowning Of The Poor
4. Own Brain
5. Golden Gaze
6. Dolphins Were Monkeys
7. Longsight M13
8. Marathon Man
9. Sister Rose
10. F.E.A.R.
11. Stellify
12. Just Like You
13. Fools Gold

2010/08/01 Atoms For Peace @ Green Stage setlists
1. The Eraser
2. Analyse
3. The Clock
4. Black Swan
5. Skip Divided
6. Atoms For Peace
7. And It Rained All Night
8. Harrowdown Hill
9. Cymbal Rush
---
10. I Might Be Wrong
11. Give Up The Ghost
12. Videotape
---
13. Paperbag Writer
14. Judge, Jury and Executioner
15. Hollow Earth
16. Feeling Pulled Apart By Horses

2010/08/01 Foals @ White Stage setlists
1. Total Life Forever
2. Cassius
3. Miami
4. Red Socks Pugie
5. Balloons
6. The French Open
7. Spanish Sahara
8. Alabaster
9. Olympic Airways
10. Electric Bloom
11. Two Steps, Twice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/09

Ian Brown / My Way

Ian Brown / My Way
Ian Brown / My Way

約2年ぶりのIan先生の新作。前作"The World Is Yours"がストリングスを多用した作りだったのをどちらかというとその前の"Solarized"に近い音作り。ただし、今回のアルバムの方が調子の良さが伺える内容。基本いつものIan Brownサウンドなんだけど、"Stellify""Just Like You""In The Year 2525""So High"なんかは勢いがあって素晴らしい。
iTunesでリリースされて以来、こればっかり聴いてます。
日本好きだから、きっとまた単独で来日してくれるでしょう。そんで来年のFuji Rockでしょう、多分。
日曜からのSan Francisco出張でも役立ってくれるだろう、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

2008/7/26 Fuji Rock Festival '08 Day2 @ Naeba

えー、すいません。すっかりご無沙汰です。
仕事が忙しくなり、手が遠のいてしまいます。そんな中2年ぶりに行ってきました苗場まで。
最近はアーティストがSummer Sonicに持ってかれてるような気がしてますが、それでもFuji Rockはやっぱり楽しい!あの感じは都会では出せないよね、やっぱり。
ただし、今年は1日のみでの参戦。Primal ScreamとIan Brownがお目当て。

さて、相変わらず遅い時間に起きた関係で到着は16時前くらい(^^!
我ながら困ったことである。Hard-Fiは見たかったかな。
越後湯沢駅から会場に向かう途中に雨が降ったくらいで、雨に降られなかったのは幸い。天気が悪かったお陰でそれなりに涼しかったし。

この日に見たアクトと感想は以下のとおり。
・Asian Dub Foundation(Green):といってもステージ通過時に通ったのみ。なんかメンバーチェンジで遠のいた感じ。
・The Gribs(White):Zutons待ちのため、最後にちょっと見ただけ。うーん、今時のパンクだねえ。
・大道芸(ところ天国):隠れたFuji名物なんじゃなかろうか。また今年も楽しめた。
・The Zutons(White):今回の収穫だ。いやー、ライブもこんなにいいとは。曲もR&Bテイストばっちりで踊れるし。ここで踊るつもりなかったんだけど、思わず踊っちゃいました。地味な印象だったんだけど、客もいっぱい入っていたのがびっくり。
・Janet Klein(Orange Court):Zutonsが終わって、会場奥まで行っておこうと思ったので、Board WalkでOrange Courtまで。50'sのジャズというかスタンダードが繰り広げられていて、思わず足をとめちゃいました。お腹が空いていたのもあって、ここで食事。玉ねぎ辛かったけど、豚丼うまかった。おかげでTricky見逃したけど、Fuji Rockらしい時間を過ごせたかな。
・Primal Scream(Green):ギターが2本になってアルバム2枚目。前のライブが何となく音の薄さを感じたのと、ギター3本のままのアレンジにちょっと違和感があったんだけど、見事に学習効果を見せてくれたライブだった。スタートはNew Albumから"Can't Go Back"、そして"Dolls"。このバンドで素直にHyper Electric GarageでないScream Teamを見たいな、と思った通りの展開はうれしい。それが発揮されたのが、3曲目の"Miss Lucifer"じゃなかろうか。New Albumからの曲もちりばめ、"I Love To Hurt (You Love To Be Hurt)"ではCSSのLovefoxxも参加。前に見たときも思ったけど、すげえかわいらしい。Bobbyもノリノリだったし。最後は"Shoot Speed/Kill Light"、"Swastika Eyes"、"Rocks"、"Country Girl"、"Movin' On Up"(順番こんなじゃなかっただろうか)。あ、"I'm Losing More Than I'll Ever Have"やったな、めずらしく。最終日もあるからというのもあるだろうが、割とあっさり終了。次を考えるとすごく助かった。
・Ian Brown(Red Marquee):Primal Scream終了して、混雑しているところを急いでRed Marqueeへぎりぎり間に合う。いつものように"God Fatherのテーマ"で開始。1曲目はなんだ多分新作からの曲だが思いっきり地味に始まった。しかも前半はかなり抑えめの曲で前にFujiで見たときのように最後客がすごく少なくなるんじゃないかと心配したくらい。ま、次がUnderworldなので仕方がないか、と思いつつ、そんなに減らない状況の方にびっくりしたりも。"Golden Gaze"で盛り上がったのはうれしかったぞ。しかし、最後の最後までRosesの曲やらなかったので、このまま最後までソロ曲だけで突っ切るのかと思いきや、最後から2曲目で"Waterfall"!やっぱ盛り上がる。そして、"F.E.A.R."で終了。Red Marqueeのトリといえども、あんまりアンコールやらないステージなので、このまま終わるかと思いきや出て来てリクエストを取る!そして、"Resurrection"!今回はお祭りモードで楽しめました。

新潟方面で宿を取ったので、ここで移動。またもや大忙し。さすがに足が痛くなってました。
さて、次はSummer Sonic前のPaul Weller、そしてSummer Sonicだ。

(2008/7/29追加)

2008/7/26 Primal Scream at Green Stage Setlists
1.Can't Go Back
2.Dolls
3.Miss Lucifer
4.Jailbird
5.Beautiful Future
6.I'm Losing More Than I'll Ever Have
7.Suicide Bomb
8.I Love To Hurt (You Love To Be Hurt) w/Lovefoxx
9.Shoot Speed/Kill Light
10.Swastika Eyes
11.Rocks
12.Country Girl
13.Movin' On Up

(2008/7/31追加)
2008/7/26 Ian Brown at Red Marquee Setlists
1.Goodbye To The Broken
2.On Track
3.Street Children
4.Time Is My Everything
5.LoveBug
6.All Ablaze
7.Keep What You Got
8.Longsight M13
9.Dolphins Were Monkeys
10.Golden Gaze
11.Sister Rose
12.Waterfall
13.F.E.A.R.
(encore)
14.I Am The Resurrection

(2008/8/7追加)
2008/7/26 The Zutons at White Stage setlists
01. Zutons Fever
02. Don't Ever Think (Too Much)
03. Why Don't You Give Me Your Love?
04. What's Your Problem
05. Hello Conscience
06. Always Right Behind You
07. Pressure Point
08. Harder and Harder
09. Give Me A Reason
10. Valerie
11. You Will You Won't

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/07

2008/3/6 Ian Brown @ Shibuya O-East

わずか半年後のFuji Rockへの参加もすでに決定済みのIan Brown。久々の単独来日。
あまり人がはいっていなかったら、さびしいと思っていたけど、ほぼ満員の入り。
東京はRyukyu Discoが前座。その途中から会場入り。
7:50ころ、トランペットによる”ゴッドファーザーのテーマ”で御大登場。
そして、”I Wanna Be Adored”! そして、2曲目は”Made of Stone”!
まじで泣けてきた。Summer Sonicの時と比べても今のIanのバンドにフィットしている感じがする。
その後、前半はベスト、そして”My Star”後から新作からの曲。”On Track”も”Sister Rose”もマジでカッコいい。
そして、前作からの曲、”Time Is My Everything”や”Keep What Ya Got”もいい。
本編は”Golden Gaze”で締め。抜群である。
そして、アンコール。なんと”Waterfall”!!大阪ではやってなかったみたいだから、すごい。そして、”I Am the Resurrection”!!! 合唱をあおる、あおる。
これまで、IanはあえてRosesの曲をやらなくても、ソロの曲だけでもぜんぜんOKだと思ってたけど、考え変えました。これだけの曲は誰かに聞かせないともったいない。
最後は"F.E.A.R."。すごい力技の後だけに収められるのかと思ったけど、そこはベテラン。
曲の強さももちろんあると思うけど、現役の強さを見た気がする。
Fujiも迷ってたけど、やっぱり行くしかないかな。

以下、セットリスト

1. I Wanna Be Adored
2. Made Of Stone
3. Dolphins Were Monkeys
4. Destiny Or Circumstance
5. Time Is My Everything
6. The Sweet Fantastic
7. Lovebug
8. My Star
9. On Track
10. Street Children
11. Goodbye To The Broken
12. Keep What Ya Got
13. Longsight M13
14. Sister Rose
15. Golden Gaze
(Encore)
16. Waterfall
17. I Am The Resurrection
18. F.E.A.R.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/29

祝Ian Brown来日決定

フェスでは来日しているからわからなかったけど、なんと7年ぶり!だそうだ。
とにかく来日決定はうれしい。東京は3/6(木)に渋谷O-East。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/03

Ian Brown/The World Is Yours日本盤

Ian Brown/The World Is Yours
Ian Brown/The World Is Yours

Ian Brownの新作。UK1枚盤、2枚組に引き続いて、Sister Roseの日本語バージョンを聴きたいがためだけに日本盤も購入してしまった。3種類制覇である。ま、こんなことをしていたらいつまでたっても金はたまらんわな。
で、そのSister Roseだけど、いろんなところで書かれているように、日本語かどうかはまったくわかりません。日本語バージョンと称したもので、ここまで日本語かどうかわからないものは初めてである。わずかにわかるのは「ばらの花」とさびの最後に言っているところくらい。さすがIanだ。
日本盤買ってよかったなと思うのは、歌詞カード。Illegal Attackの歌詞の話は聞いていたが、ここまですさまじいものだったのか。今時これほどストレートな歌詞も記憶がないので、ちょっと震えた。あまり日本では注目されているように思えないが、このまま行ってほしい。
あ、ちなみに上のAmazonへのリンクは日本盤ではありませんので、ご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

Ian Brown/The World Is Yours

Ian Brown/The World Is Yours
Ian Brown/The World Is Yours

Ian Brown、3年ぶりの新作。インタビューによるとハードドラッグ抜きで製作したらしい。
内容はもうおなじみになったIan World。1stシングルカットの"Illegal Attacks"ではSinead O'Conorと競演していたり、Sex PistolsのPaul CookとSteve Jones、Happy MondaysのPaul Ryder、The SmithsのAndy Rourkeが参加していたりと豪華なんだけど、期待していた新機軸はあまりない。曲はいいんだけど、もう少し何か欲しいという印象。
2枚組のデラックスエディションは1枚目は通常と同内容(ただし、12曲目としてThe World Is YoursのRepriseが入っている)、2枚目はアルバムの内容そのままのオーケストラバージョン。確かに本編も割りとギター以外の弦楽器の利用が多いけど。店頭で見かけることはほとんどないが、現在入手可能なのはAmazonだけかも。ちなみに11月にリリース予定の日本盤にはSister Roseの日本語バージョンがはいるらしい。これはこれで聴いてみたいんだけどな。
Qアワードでレジェンドアワードを受賞した模様。その際にRadioheadの試みを激賞したり、カイリー・ミノーグの受賞に文句たれたり、相変わらず元気そうで何よりである。
ちなみに先行シングルの"Illegal Attack"はStop the War Coalitionのキャンペーンソング。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

Ian Brown/The Greatest UK2枚組

ようやく入手できました、Ian Brownの2枚組ベスト。最近こんなに苦労することもなかったので、手に入れた喜びは久しぶりに大きいです。DIsk Unionの通販サイトでも取り扱っていて、それをみて急いで店舗に行きました。ちなみに新宿のDisk Unionで¥5,030(税込)でした。正直Amazonで\4,284で出ていたのと比べても、値段的にはちと高いかとは思います。ものはあるんだけど高いDisk Unionなので仕方がないかもしれません。
その後調べても、US2枚組に関してはどこにも記述がないので、多分HMVの間違いだったのでしょう。

さて、内容ですが、48ページのブックレットに2枚のCDがついている構成です。
ブックレットで珍しかったのは、Ian BrownモデルのAdidas SuperStar!! まさかこんなこともしていたとは。あと、Harry Potterに出たときのShotとか、F.E.A.R.のPVでのむちゃくちゃ車高の低い自転車乗ったShotが個人的には好きです。

CDの1枚目はUK1枚ものと同じです。USで買ってきてしまったUS盤と比べると、WhisperとReturn Of The Fishermanが多くなっています。

CDの2枚目ですが、Amazon(Japan、UKとも)で書いてある曲は間違いで、正しくはこんな感じで13曲入りです。
1. Can't See Me [Harvey's Invisible Mix]
2. My Star [2002]
3. Dolphins Were Monkey's [UNKLE Versus South Remix]
4. F.E.A.R. [UNKLE Remix]
5. Thriller
6. Billie Jean
7. Time Is My Everything [Stateside Hombres Overeasy Mix]
8. See The Dawn
9. Superstar
10. Time Is My Everything [Them Lads Remix]
11. Desire-Gus Gus Vs Ian Brown [Ian Brown Full Length Remix]
12. F.E.A.R.-Feat. Sweetie Irie [DJ Mek Bulletproof Freestyle Version]
13. Submission [Interview With Steve Jones For ''Jonesy's Juke Box 103.1LA]

この中での聴き所はやはりThriller、Billie Jeanのカバーでしょう。個人的にはBillie Jeanの方が好きです。その他、10,11,12,13はIanのシングルはほとんど買ってたはずですが、聴いた記憶がありませんでした。最後の”Submission”に関しては、弾き語りでの曲で、SummerSonicでやったようなバンド演奏ではなかったので、結構最後に拍子抜けさせられる感じはなきにしもあらずです。ま、おまけならではという感じではありますが。

全体的にはIanのソロキャリアをたどるのには絶好の1枚でしょう。曲の出来にばらつきがあるのは事実なので、このようにまとめて聴くと非常に好印象を得る1枚だと思います。2枚組に関しては、正直マニア向けですね。BillieJeanは1枚目に入れてくれればなおよかったんですけど。

ianuk22枚組ジャケット。本の分だけ縦長。


DSC00020以下、自分が撮った写真できたないですが、ブックレット中のF.E.A.R.のPVでの写真。


DSC00021Adidasとのコラボ。


DSC00024CDはこう入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/09

All Ablaze/Ian Brown

Ian Brown/All Ablaze

Ian Brown/All Ablaze

Ian Brownのベスト盤からのリードシングル。UK盤がようやく日本でも買えるようになっているようだけど、UKリリースから日本に入ってくるまで1ヶ月弱もかかるとは思ってもいなかった。ベスト盤は2枚組の方を探しているのだが、まだ店頭では見つけられず。うーん、通販で買った方が早いのかな...。2枚組ベスト盤は入手したら、レビューします。

さて、このリードシングルは最近のIan節というか、中東風のアレンジをほどこした曲。Summer Sonicでもすでに聴いていたが、Ianの充実ぶりを示しているような曲になっている。
Rosesの曲をやってくれるのもいいんだが、Ianのソロのベスト選曲のライブを是非やってほしい。
ベスト盤のジャケット写真もそうだが、このシングルのジャケット写真もしぶい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/13

Summer Sonic 05 day 1

木曜からの体調不良&疲労の蓄積もあって、予想通りというか何というか見たのは、TearsとIan Brownのみ。ま、どうしても見たかったものだけしか見れてないと...。

それぞれ感想を。

・Tears
1時間くらいのセットリストだったけど、全曲Tearsの曲だった。Suedeの曲やるのかと思っていたが、そうでなかったところに現在の調子の良さがでていたような気がする。
最後にSuedeを見たのは確か2002年のSummer Sonicだったと思うのだが、その時よりものびがある演奏を聴かせてくれたのではないだろうか。特にBredの声と、Burnerdのギターの組み合わせはやっぱり絶妙だった。特にBurnerdギターひきまくり。これからを感じさせるいいライブだった。

Setlists(2005/12/25 added)
1.The Asylum 2.Lovers 3.The Primitive 4.Imperfection 5.The Ghost of You 6.Autograph 7.Brave New Century 8.Refugees 9.Two Creatures 10.Apollo 13 11.Beautiful Pain'.

・Ian Brown
確かにStone Rosesの曲をやると言ってたけど、まさか"I Wanna Be Adored"で始まるとは思ってなかった。IanとしてはずっとRosesの曲をやってなかったのもあったので、まじで泣けてきた。そして、"Made Of Stone","Elephant Stone","She Bangs The Drum"だ。ただ、ないものねだりなのは重々わかってはいるが、やっぱりJohn Squireのギターも、Maniのベースも、Reniのドラムもない。Rosesの曲はやっぱりすごく盛り上がったけど、少し悲しさを感じたのも事実だ。あと、RessurectionとFools Goldもやって欲しかった。
ソロの曲はもう少しやってもよかったような気がする。ベスト盤も出ることだし、1時間ではやっぱり短すぎるだろう。新曲もいい感じだし、ベスト盤リリース後に是非単独で来日して欲しい。
最後の曲はPistolsの"Submission"。なぜだ。

Setlists(2005/12/25 added)
1.I Wanna Be Adored 2.Made Of Stone 3.Waterfall 4.Golden Gaze 5.The Sweet Fantastic 6.Time Is My Everything 7.Forever And A Day 8.All Ablaze 9.Longsight M13 10.Keep What Ya Got 11.She Bangs The Drums 12.F.E.A.R. 13.Submission

・その他
いやぁ、何回かSummer Sonic行かなかったけど、すごい企業ブースが増えたなぁ。ま、わかりやすくていいんだけど。
あと、生ビール置いてくれ。カンじゃ寂しすぎる。
明日はもうちょっと見るように早めに寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/08

Keep What Ya Got/Ian Brown

Ian Brown:Solarized

Ian Brown:Solarized

Ian Brownの4thアルバムの1stシングルカット。OasisのNoelが参加。PVにも出演。
個人的には去年一番聴いたアルバムなのだが、世間的にはあまりにも評価が低すぎないか。確かに今回のアルバムは割と地味かもしれないが、John Squireと比較してもより優れた活動をしていると思うのだが。

多分、今回も来日すると思うのだが、フジだけかな?現時点ではまだ発表されていないが、単独での来日をして欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)