« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/17

Bowie関連リリース

久しぶりにBowieNetを見たら、リリース予定がぎっしり!ということで前のエントリーに続いて、Bowieネタで行きます。

・Space Oddityの40周年記念2枚組CD
そもそもBowieNetを見る気になったのはこの話をRockin'Onのサイトかなんかで見たのが理由だったんですが、10月に出ます(この後すべてそうですが、リリース予定はUS。日本発売は分かりません)。
n周年シリーズはZiggyからだったので、その前のアルバムは望み薄かと思ってたら、リリースされます!ということは、The Man Who Sold The WorldやHunky Doryも可能性が出てきたという風に思いたい。
Space Oddityについては、180gのLPでもリリースとのこと。
曲目は以下の通り。
CD 1:
01 - Space Oddity (5.14)
02 - Unwashed And Somewhat Slightly Dazed (inc. Don't Sit Down) (6.51)
03 - Letter To Hermione (2.32)
04 - Cygnet Committee (9.31)
05 - Janine (3.21)
06 - An Occasional Dream (2.54)
07 - Wild Eyed Boy From Freecloud (4.46)
08 - God Knows I'm Good (3.17)
09 - Memory Of A Free Festival (7.09)

CD 2:
01 - Space Oddity (demo) (5.10) *
02 - An Occasional Dream (demo) (2.49) *
03 - Wild Eyed Boy From Freecloud (single B-side with spoken intro) (4.56)
04 - Brian Matthew interviews David/Let Me Sleep Beside You (BBC Radio session D.L.T. Show) (4.45)
05 - Unwashed And Somewhat Slightly Dazed (BBC Radio session D.L.T. Show) (3.54) *
06 - Janine (BBC Radio session: D.L.T. Show) (3.02)
07 - London Bye Ta-Ta (stereo version) (3.12)
08 - Prettiest Star (stereo version) (3.12)
09 - Conversation Piece (stereo version) (3.06) *
10 - Memory Of A Free Festival (Part 1) (single A-side) (4.01)
11 - Memory Of A Free Festival (Part 2) (single B-side) (3.30)
12 - Wild Eyed Boy From Freecloud (alternate album mix) (4.45) *
13 - Memory Of A Free Festival (alternate album mix) (9.22) *
14 - London Bye Ta-Ta (alternate stereo mix) (2.34) *
15 - Ragazzo Solo, Ragazza Sola (full length stereo version) (5.14) *

* Previously unreleased

・Station To StationのSpecial Edition
これもYoung Americansで終わったかと思ってましたが、まだ続きます!しかも、3CD+1DVDの4枚組!中身はこんな感じです。

Disc 1
CD = Original stereo Station To Station album
Disc 2
DVD = 5.1 Station To Station surround sound mix and original stereo album. 5.1 - Mixed by Harry Maslin.
Discs 3 & 4
2 x CDs = Uniondale, Nassau Veteran's Memorial Coliseum March 23rd, 1976 - Mixed by Harry Maslin.

Live Nassau 1976 tracklisting

01 - Station To Station
02 - Suffragette City
03 - Fame
04 - Word On A Wing
05 - Stay
06 - Waiting For The Man
07 - Queen Bitch
08 - Life On Mars?
09 - Five Years
10 - Panic In Detroit (with most of drum solo edited out)
11 - Changes (with band Intro)
12 - TVC 15
13 - Diamond Dogs
14 - Rebel Rebel
15 - The Jean Genie

まずは、なんと5.1chのStation To Station。本気で家の環境を整えたくなるかもです。そして、Live Nassau 1976についてはBootlegで有名な音源のオフィシャルリリースということです。こいつは来年2010年の前半リリース予定。

・HeroesのEP
英語、ドイツ語、フランス語、そしてライブバージョンのHeroesを集めたEP。Amazon UKとiTunesのUKとドイツでは買えるらしい。日本ではなぜリリースされん?

・Space Oddityの40周年記念デジタル展開
上の2枚組CDリリース前に既にリリースされてるのが、iTunes上で展開されている40th記念EP(8曲入り)とSpace Oddity App。今回一番わけが分からんのはなぜこの2つは日本ではリリースされていないのか?
EPについては韓国でも売ってるというのになぜだ?BowieってEMIのはずだから、何の問題もないように思えるが...。

せっかく技術的にはグローバルなのに、その他のことで邪魔されるのはかなわんなー。リマスターされないSHM-CDなんぞ、出してる場合じゃねーだろ、EMI!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/15

David Bowie / VH1 Storytellers

David Bowie / VH1 Storytellers
David Bowie / VH1 Storytellers

1999/8/23に行われたVH1でのStorytellersでのライブがリリース。これもなぜ今なのか、というのが微妙に分かりにくかったりするんじゃなかろうか。
アルバム的には"Hours..."のリリース年ということで、"Hours..."からの曲が多め。先にCDを聴いてから、DVDを見たんだけど、圧倒的にDVDの方がいいかも。とにかく落ち着いたライブで、昔の思い出(マーク・ボランとか、イギーとか、スティーブ・マリオットとかとのエピソード)を話しながら関連する曲を紹介していくというスタイル。Bowieも落ち着いて、いい感じだし、輸入盤ですが珍しく日本語字幕も付属。
しかし、ずいぶんBowieも活動していないと思うけど、もう一度やってくれないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/14

Ray Davies & The Crouch End Festival Chorus / The Kinks Choral Collection

Ray Davies & The Crouch End Festival Chorus / The Kinks Choral Collection
Ray Davies & The Crouch End Festival Chorus / The Kinks Choral Collection

ずいぶん久々ですが、新譜です。と言っても、Ray Daviesですし、中身はほとんどKinksセルフカバーですが。
かなり唐突にリリースされた感じですが、一応Deccaと契約してます。内容としては、コーラス隊と一緒にKinksナンバーを歌うという感じです。といっても、特にコーラスを意識したアレンジになってるのはYou Really Got Meの最初の部分くらいで、後は割とアコースティックのセットでRay Daviesが歌ってます。さすがに選曲ではバラード系のものが多いですが、最後のAll Day And All of the Nightは割と普通です。オフィシャルサイトとかちゃんと読んでないので、どういう意図があるのかもよくわかりませんが、Box Setに続いてのリリースということで、ま、元気なのはうれしいところですが、日本盤は出るとは思えませんし、Deccaとも続けて契約されたままなのかもよくわかりません。
やっぱ、新曲出して欲しいし、出来るなら来日して欲しいよなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/13

Verve解散か?

ザ・ヴァーヴ、3度目の解散か!?(CDジャーナル)

だそうだ。何となくわかる気もするし、またかという思いもある。去年のサマソニで見ておいてよかった。でも、ソロじゃVerveにはならないんだけどな、リチャード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/10

2009/08/09 SummerSonic 09 Day3

結局なんだかんだで今年最初で最後の夏フェス参加になってしまったSummerSonic最終日。
サマソニも今年は3日間になったせいか、どうもあの独特な1日の濃さがなくなったような気がするのは自分だけだろうか。それに連日の雨。肩は痛いし、体調的にはあまりよくはない状態。
到着は16時ちょっと前。なんとかVaselinesに間に合う。3曲くらい。CDで聴いた音と変わらないことがなんか不思議。たばこ吸いに外に出ようとすると大雨。あまりの混雑ぶりに隣のDance Stageに逃げ込む。Kid Sister。ポストM.I.A.とあるけど、もうちょっとアッパーかな。それにしても全体的にちょっと人が少ないような気がする。雨降ってるから屋内に逃げるような気がするんだが。

16:55 Teenage Fanclub。あんまり聴いたことがなかったし、今更な感はあるけど今年一番の収穫かな。ちゃんと聴いてみようと思う。
終わった後、食事。朝から何も食べてないだけに、タコライスとチキンタコス。ていうか、サマソニで毎年食べてるものだけど...。
18:25 Sonic Youth。Fujiとかでも何度も見てるけど、いつも少しだけでちゃんと全部見るのはすごく久しぶりのような。これはラインナップ的に微妙に薄くなった恩恵かも。最新アルバムでそうだったようにちょっとガレージぽい音への回帰もあった気がするけど、あれだけの人をみんな納得させるような音では元々ないような。割とここで帰った人も多い気がするし。
20:05ちょっと遅れて、Flaming Lipsスタート。待ち時間にちょっと床に座ってたら、なんかグラグラ。ただし、まわりはほぼ無反応。あとでメールでわかったけど、東京は震度4だったそうで。
Flaming Lipsはまあセッティングからいろいろと。前に確かDaft Punkの裏かなにかで異常に客が少ないのを見ていたので集客心配していたんだけど、さすがに今年は順調。しかも出待ちでエールが起こるようなバンドだったか?内容はサイコー。ちゃんと最終日のトリであることを意識して、大盛り上がり大会。あいかわらず風船は出まくるは、いつもに増して着ぐるみが多いは、楽しませることに注力して非常にいいライブ。オープニングから笑わせてもらったし。Flaming Lips最後で本当によかったと思う。

帰りは東京まで立ちっぱなし。これがなければ、もうちょいいいんだけどな。しかし、来年も3日間やるんだろうか?しかし、ちゃんとライブ行かなきゃダメだね。来年はちゃんとフジから行くことにしよう。(ま、毎年この繰り返しなんですが)

Img_0016



Flaming Lipsオープニング。この前にスクリーンのお姉ちゃんの股から入場というしょーもないことをやってるんだけど、さすがに光の関係で写真には撮れず。その後にWayne Coyneが風船に中に入って現れたのがこれ。というか、よくわからんと思いますが。どっちにしてもサイコーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)