« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/30

The Who: Amazing Journey (2008/12/14 @シアターN渋谷)

The Whoのドキュメンタリー映画。ようやく日本で公開された。"The Kids Are Alright"はKeith Moonの死の直前までの映画だったが、今回はごく最近の状況まで加えた内容。
非常にめずらしい映像も数多く含まれており、BeatlesのAnthologyのThe Who版というような印象。ただし、どうしても2時間ほどでは短すぎるだろう。1曲まるまるはいったものは一つもなしなのは残念。ここはDVD何枚になってもいいので、長いものがみたい。しかし、映像めちゃくちゃ残ってるな、Whoも。
どちらにしてもDVDには多少の追加もあるだろうし、日本盤販売を待ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/13 Soul Flower Union @Liquid Room

と、相変わらず日が空いてますが、12月はちゃんと締めねば。
すっかり年末恒例となった12月のSoul Flower Unionツアー。遅れて、"うたは自由をめざす!"から参加。Liquid Roomは程よい感じで相変わらず落ち着く。これが終わらないと何となく年末感がないんだが、それでも暖かすぎて12月の感じがまったくしない。
内容はヒット曲満載!で会場の盛り上がりも非常によい。いつも素晴らしいshowで何より。
# いかん、やっぱり書きたいこと、忘れてるな。

1.神頼みより安上がり
2.こたつ内紛争
3.うたは自由をめざす!
4.世紀のセレナーデ
5.Shinya's Blessings(Mick's Blessings)
6.月光ファンファーレ
7.ホライズン・マーチ
8.海へゆく
9.パレスチナ
10.外交不能症
11.極東戦線異状なし!?
12.マウンテンバイク・フロム・ヘブン(美保子:Vo.)
13.名もなき惑星
14.寝顔を見せて
15.Gotta Travel On
16.荒れ地にて
17.風の市
18.秋田音頭(JIGEN:Vo.)
19.満月の夕
20.サヴァイヴァーズ・バンケット
21.海行かば 山行かば 踊るかばね
<Encore>
22.ラヴィエベル ~人生は素晴らしい!
23.エエジャナイカ
24.松葉杖の男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/23

The Who: Live At Kilburn (2008/12/12 @シアターN渋谷)

映画"The Kids Are Alright"の製作にあたり、最新ライブを入れたいという意向でとられたにも関わらず、その出来によってこれまで封印されていた映像。今回、"Amazing Journey"の日本公開にあたり、東京のみで劇場公開されることになった。時間の関係上、来日後で、ただし"Amazing Journey"見る前に見ることに。
で、この映像が何の出来が悪いのか全くわからず。いや、すごいっす。1年ぶりのライブというのに、確かにKeith Moonはそれほどでもないとは思うのもあるが、この内容でいけるWhoって何いったい?という内容。USでは既にDVDリリースされているし、日本でもじきに発売されると思うが、見て損はない内容でした。

セットリストは以下。
1. I Can't Explain
2. Substitute
3. Baba O'Riley
4. My Wife (by John Entwhistle)
5. Behind Blue Eyes
6. Dreaming From The Waist
7. Pinball Wizard
8. I'm Free
9. Tommy's Holiday Camp (by Keith Moon)
10.Summertime Blues
11.Shaking All Over
12.My Generation
13.Join Together
14.Who Are You
15.Won't Get Fooled Again

で、この週はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/22

2008/12/07 OHIO101 @下北沢BASEMENT BAR

完全年末進行ですべてが書き忘れられている分を取り戻そうと思ってます。
ということで、最初がいきなりこれ。
Trash Recordsから1枚アルバムをリリースしてますが、苦労してます。音はサイケブルースな感じで、個人的には非常にJustです。というより、そもそものつながりは高校時代に毎休みごとにトイレで音楽について語っていた仲間で、今回20年ぶりの再会でした。当時から音楽やってたのは知ってましたが、今でも続いているとはまったく思ってもいなく、そして、まさか兄貴がフラワーカンパニーズの鈴木圭介だとはそれこそ完全につながらず、20年たってました。

今回は前にNHKの沢田研二のバンドのドラムでこのねぇーちゃんすげぇなと思ってたGRACE嬢が今回限りということもあってか、初のワンマンライブ。一生懸命呼んだのもあるんだろうけど、70人くらい入ってた会場にはすごく感激しました。20年ぶりの鈴木純也(G/Vo)は正直最初わかりませんでした。あの頃はパンク少年だったわけで、こんなにブルージーな音を出すとは全く思わず、顔の感じも長髪もあってか中々以前の印象とあいませんでした。昔とつながったのはMC。しゃべった時の方が昔と変わりません。つたないというか、ぶっきらぼうというかそういうMCを聞いて、やっとつながった感じでした。

アンコール含めて2時間たっぷりのステージ。個人的には非常に好きな感じの音楽だし、楽しめました。正直あのドラムがなくなるのは痛いと思うが、がんばって欲しいと思います。

OHIO101オフィシャルページ:http://members3.jcom.home.ne.jp/ohio101/

OHIO101/アキラメタノハ
OHIO101/アキラメタノハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)