« Brett Anderson/Brett Anderson | トップページ | Neil Young/Live At Massey Hall 1971 »

2007/04/11

David Bowieの80年代アルバム

David BowieのEMI時代のアルバムの紙ジャケりリースが完結した。
これまでLet's Dance以降はあまり聞いたことがなかったので、今回初めて聴くことになる。
それぞれ思うところを書いておこうかと。
・Let's Dance(1983年)、Tonight(1984年)
サウンドは80年代ばきばきだが、思ったより全然聴けた。特にシングルになっている曲はやはりクオリティが高い。ただ、Tonightは前のアルバムの内容をトレースしている分だけ、ちょっと勢いがないかと。
David Bowie/Let's Dance
David Bowie/Let's Dance


David Bowie/Tonight
David Bowie/Tonight


・Never Let Me Down(1987年)
うーん、これは困った。実際の話として、軽薄なサウンド、曲自体もいいものもなくはないが弱い。やはりDavid Bowieのアルバムの中でも駄作だろう。そして、Bowieはここから迷走していくことになる、と言われていた。でも、全英6位までいってるんだな。Bowieの人気の根強さを感じる。
David Bowie/Never Let Me Down
David Bowie/Never Let Me Down


・Tin Machine(1989年)
あー、Iggyをやりたかったんだなー、という感じ。当時ぼろくそに叩かれていたと思うんだが、今となっては前作よりもこちらの方がプロダクション的にも全然よい。Aston兄弟の参加というのもあるけど、今年のStoogesのような感じですらある。ただし、Bowieにこれが似合うのかというのは?。
Tin Machine/Tin Machine
Tin Machine/Tin Machine


6月6日にはSonyの分もリリースされる。今度は2枚組だ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87410/14637363

この記事へのトラックバック一覧です: David Bowieの80年代アルバム:

» David Bowie - Best Of Bowie トラックバック 楽器を弾いたことない私の音楽CDレビュー?
デビッドボウイ「ボウイ・オブ・ベスト」のレビュー [続きを読む]

受信: 2007/04/11 03:09

コメント

コメントを書く