« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/30

砂原良徳/Works '95-'05

砂原良徳/Works '95-'05

砂原良徳/Works '95-'05

元電気グルーヴのまりんのソロベスト。2枚組の1枚めがソロの作品で、2枚めがリミックスとプロデュースしたものがコンパイルされている。
これまであんまり熱心に聴いたことがなかったんだが、このベストはいい。派手さがあるわけではないのだが、好きだ。2枚めもこういうコンパイルがされていると、あまり聴くことがない音を楽しめてよい。最後の”聖☆おじさん”も秀逸。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/29

Enter Shikari/Take To The Skies

Enter Shikari/Take To The Skies

Enter Shikari/Take To The Skies

Rave Meets Metalで話題のEnter Shikari。笑わせていただきました。
面白い。こういう発想がぼこぼこ出てくる今のUKシーンの凄さを感じる。
次どうするんだろうな。
おっと、これもSummer Sonicか。今年はFujiの方の発表が遅いかな。ヘッドライナーもまだだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

The Stooges/The Weirdness

The Stooges/The Weirdness

The Stooges/The Weirdness

で、もうひとつの元気なおっさんたち。Iggyである。しかもStoogesである。こちらはFujiにやってくる。
ははは、すごいぞ。プロデュースはスティーブ・アルビニでやがる。
実はiPodのプレイリストでは、LCD Soundsystem->Stooges->Stranglersになっている。これがなかなかいける。
なぜならStoogesではあるけど、昔の焼き直しではなく、今のIggyだし、Stranglersも今の音だからだ。
きちんと自らの状況を押さえた上での姿なのだろう。ライブはあのままだとは思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

The Stranglers/Suite XVI

The Stranglers/Suite XVI

The Stranglers/Suite XVI

前のエントリーでも書いたように、Summer SonicにもやってくるStranglers、タイトルにもあるように16枚めのアルバム。
正直期待してませんでした、視聴機で聴くまでは。最近もちらちらとアルバム出したり、来日してたりしてるのは知ってたけど、こんな勢いのあるアルバムを出すところまで来ているとは。
そういえば、Stranglersにはずれなしだったんだ。
しかし、このジャケット、悪そうだな、おっさんたち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/19

RHCP来日延期、夏フェス

今日気づきました、Red Hot Chili Peppersの来日が延期です。どうも秋になるみたいです。
実は1ヶ月間違えて、2月だと思ってました。バカです。東京ドームに2/23に行ったら、ユリの展覧会やってました。
チケット購入当初からだから、呆れる。ちなみに2月と3月は曜日が一緒なんです。
病気なら仕方がないが、どうも昔からRHCPのライブにはなんかが起こる。古くは大宮まで行って、John Frusciante脱退で中止('92)になるし、あの台風のFuji Rock '97、そしてUSにいた時はテレビでのライブでも音声出てこなかったし。ま、待ちましょう。
で、FujiもSummer Soniもすでに出演アーティストが第2弾まで発表された。そんな季節である。ま、迷ってますが、まだ。今のところ、Summer Sonicの方が惹かれるな。Klaxons、OK Go、Interpol、そしてStranglersだもんな。一日にまとまってくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

LCD Soundsystem/Sound Of Silver

LCD Soundsystem/Sound Of Silver

LCD Soundsystem/Sound Of Silver

Rapture、!!!、そしてこうしてLCD Soundsystemの新作も出揃った。
前作発売時にライブを見たのは、LCD Soundsystemだけであり、個人的には期待も高かった1枚。すばらしい、裏切らない1枚になった。
当然まだ聴き込んだわけではないが、流れとしてはLosing My Edgeのアウトロから始まり、David Bowieばりのボーカルを聴かせる1曲目~DFA~NY賛美のバラード(日本盤は3曲おまけ)である。iTunes Storeで先行リリースされた”North American Scum”を聴く限り、割と地味な印象だったのだが、アルバムとして聴くときちんと流れができている。非常に優れた1枚である。
しかし、今年はKlaxonsといい、!!!といい、リズムに対して貪欲なアルバムが多く出てきて、本当にうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/05

2007/3/2 !!!(chk chk chk) at Shibuya O-East

すでに今年は3本めのライブ。ピッチ早いな、我ながら。でも、ライブは見れるときは見たほうがいい、そう思わせるライブだった。
Shibuya O-Eastは2005年2月のLCD Soundsystem以来(当時のレポートはここ)。このBlogをはじめてからも2年以上たつのか、我ながらよく続いているものだ。そして、LCD Soundsystemも今月にはNew Albumである。
さて、!!!。ライブミニアルバムを聴いていたので、すごさはわかってるつもりだったが、いやーすごかった。とにかくビートが重い。自分の方の体調がいまいちだったのが、すごく残念だが、Funkyで奇妙なビートが鳴り響いたライブだった。会場はフルハウスで、こんなに人気があったんだというのはちょっとびっくり。1stの曲がNo Waveぽかったのも、2ndのFunkが飲み込んだような感じ。そう、変なPunky Funky Beatのバンドだった、!!!は。
Red Hot Chilli PeppersとUSツアーをしたらしいが、スタジアムの経験が音圧をさらに高めているようだ。
夏フェスにも来てくんないかな。これはFujiのField Of Heavenとかで見たいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)