« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/31

System Of A Down/Hypnotize

System Of A Down/Hypnotize

System Of A Down/Hypnotize

男祭りをテレビで観戦中。金子賢が今負けたところである。
2005年最後の投稿をどうしようかと考えていたんだけど、浮かんだのが「バナナバナナバナナ」。
今年2枚リリースするという離れ業を見せてくれたSOADだが、前作よりもスタンダードな音作りであるような気がする。それでも破壊力は十分だけど、割と普通にオルタナバンドらしい音だ。
リリース日を含めて2つに分けた理由がちょっとわかりにくいかなとは思う。
来年は早々からStrokes、Richard Ashcroft、Arctic Monkeysとリリースが続く。来年もいい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/25

Liars/It Fit When I Was A Kid EP

Liars/It Fit When I Was A Kid EP

Liars/It Fit When I Was A Kid EP

Liars、3枚目のアルバムの先行シングル。2枚目のアルバムは聴いていないのだが、このシングルはジャケットにやられて買いました。いかれてる。
音に関してもくせのあるサウンドで、聴いていて笑いそうになりました。一時期のポストパンクばやりだったころから比べると、同種のバンドも少なくなっているように思えるが、完全に個性を確立しつつあるように思える。
3rdアルバムは2月リリース予定とのこと。変なジャケットも期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/24

ベスト盤、ベスト盤、ベスト盤

年末も忙しいままで、2005年が終わろうとしています。(年末感は非常に希薄ですが。)
すっかり更新もご無沙汰になってしまいました。

さて、前回書いたように今日はベスト盤に関して、ちょっと書きたかったので書きます。
邦楽に関しては、ベスト盤リリースが恒常化している感がありますが、なんか洋楽に関しても安直なXmas商戦のためにリリースしているような気がしてしょうがないものが、特に今年は多いような気がしてならない。(ま、昔からそうだといわれれば、そうかもしれませんが。)

どうしても納得ができないのが、Beastie Boysのベストと、Nirvanaの4枚組Box(3CD+1DVD)からのベスト。Beastiesなんかは決定版のベスト(The Sounds Of Silence)がある。1枚しかリリースしていない&特に何かイベントがあるわけではないこの時期にリリースするのが、よくわからない。雑誌などでは割とほめているような気がするが、インタビューを読んでもなんか納得できないものがある。しかも、CCCDだし。
もっとひどいのはNiravanaの4枚組Boxからのベスト盤。なんで今頃なんだろうか?そして、割と安直な追加トラック。いい加減こういう商売はやめにして欲しいものだ。

この2枚に関しては、さすがにあきれたので買ってませんが、購入したものでちとつらかったのは、次の2枚。

ProdigyのベストとNew Orderのベスト。
Prodigyに関してはそろそろリリースしてもよい時期だとは思うし、内容も充実している。ただ、昔Fatr Boy Slimが自分の音楽はリリースされたその時に時代性をもっているものだというようなことを言っていた気がするが、Prodigyの音楽にもそれが言えるような気がしてならない。つまり、ベスト盤という形態が似合わないアーティストではないだろうか。
そして、New Order。アルバムを1枚リリースする度にベスト盤リリースしてるんですけど。おいおい。確かにSubstanceでフォローできなくなっている曲もあるのは理解しているけど、次のアルバムの後にもまたベスト盤がでるのでしょうか?

ベスト盤として、今回のリリースで最もうまいと思ったのは、Eminemのベスト"Curtain Call: The Hits"。これまであまりEminemをちゃんと聴いていていたわけではないが、こうやってまとめてみると今最も熱のあるアーティストであることがわかる。引退するという噂を逆手にとってつけたタイトルやそのリリースまでの物語性も含めて、すごい作り方だ。
Eminem/Curtain Call:The Hits

Eminem/Curtain Call:The Hits


ベスト盤ではないが、意外とよかったのが、Aerosmithの復活ライブ盤"Rockin' Th Join"。10月末にアメリカで購入して以来割とかかる回数が多い。AerosmithのRock'n' Rollサイドがよく出ているいいライブ盤だが、個人的には1曲だけ邪魔だ(笑)。"I Don't Want to Miss a Thing"はいらなかったなぁ。

Aerosmith/Rockin' The Join

Aerosmith/Rockin' The Join:Live At The Hard Rock Hotel, Las Vegas


年末はこれまでたまっているものを片づけようと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/11

2005/12/11 Pixies @ Studio Coast

急遽仕事が入って12/5のZepp東京単独公演に行き損なったPixies。追加公演を見に行った。
前日リリースされたライブDVDと同様にBone Machineでスタート。
割と落ち着いた感じで始まったような気がしたが、そこは百戦錬磨というのにふさわしいいいライブを見せてもらいました。
曲はベスト選曲。Debaserも、僕の好きなGouge Awayもやりました。
DVDでみた凶暴さはあまり感じませんでしたが、Frank Blackは腹に乗せてギター弾いてたし(笑)、Kimはすごいキュートでした。
しかし、若い奴ばっかりだったな。おやじばかりでも困るけど。
当時見れなかったのが、今になってしまったけど、追加公演のチケット取ってよかったです。
それくらいいいライブでした。1時間ほどだったけど、曲間がなくばんばん進んでいったので、短さをあまり感じなかったし。

Setlist(2005/12/24追加)
1.Bone Machine
2.I Bleed
3.Monkey Gone To Heaven
4.Cactus
5.Broken Face
6.Subbacultcha
7.Caribou
8.Hey
9.Velouria
10.Wave Of Mutilation
11.Gouge Away
12.Debaser
13.Tame
14.In Heaven
15.La La Love You
16.Here Comes Your Man
17.Holiday Song
18.Nimrod Son
19.Vamos
20.Where Is My Mind
encore
21.Gigantic

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/09

Sally Cinnamon/The Stone Roses

The Stone Roses/Sally Cinnamon Special Edition

The Stone Roses/Sally Cinnamon Special Editionより

Stone Rosesの1987年リリースの2枚目のシングル"Sally Cinnamon"のEPがDVD付のスペシャルパッケージでリリースされた。というか、"また"リリースされたというほうが正しいだろう。
DVD以外は2000年の再リリースと同じ...。しかし、Revolver(レコード会社)もこのねたでどこまで引っ張るんだろうか。そういう意味ではたいしたもんだが、DVD収録のPVはしょっぼいなぁ。多分、Made Of Stoneで人気が爆発したときに便乗でつくったやつだと思うが、確か当時もめたような気がする。

ま、買うほうも買うほうだが...。

ただし、それに輪をかけて、極悪なベスト盤が最近リリースされているので、それに関しては次に書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

祝Stones来日決定

昨日、Stonesの来日がまだ決まらないと書いたところだったのですが、無事Stonesの来日が決定しました。まずはめでたい。
日程は日刊スポーツによると
・3月中旬 東京2回
・3/28 札幌ドーム
・4/5 ナゴヤドーム
とあともう1回どこかでということだ。
いやいや、まさか札幌と名古屋でやるとはびっくりした。

日刊スポーツに乗っていた電話番号に電話してみたら、今回はJEC Internationalが招聘元らしい。ウドーじゃないのね、びっくり。
詳細の発表が楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/04

The Rolling Stones/Rarities 1971-2003

The Rolling Stones/Rarities 1971-2003

The Rolling Stones/Rarities 1971-2003

USツアー中のStones、突然のアルバム未収録集。
これを聴くと、いかにこの10年ライブ盤ばかりリリースされてたかが、よくわかる。: )
Mixed EmotionのシングルのカップリングだったFancy Man Bluesが懐かしかったかな。
寄せ集めだけど、楽しめる1枚。
日本盤リリースが遅れたのは、来日記念盤にするつもりだろうな、きっと。

さて、3月に日本ツアーという噂だったが、どうなったんだろうか。そろそろ発表されないと遅いくらいだと思うんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Thanksgiving Day/Ray Davies

Ray Davies/Thanksgiving Day EP

Ray Davies/Thanksgiving Day EPより

2006/2/7にリリース予定のRay DaviesのSolo Albumからのシングルカット。前回のThe TouristはUKのみでのリリースだったが、今度のシングルはUSでのリリース。表題曲以外の収録曲はThe Touristとほぼ一緒(正確には表題曲+The Tourist収録の3曲+Thanksgiving Day (alternate mix))なので、New Orleans music education programsへのチャリティがメインなのだろう。ただし、日本のAmazonでも購入できたように、格段に入手しやすくなっているのはありがたい。

曲としては、ゴスペルの影響を受けたようなトラック。他の曲がなんといってもLondon Song(!)のようなUKテイストが高い曲なのもあって、少し面食らいました。さ、アルバムはどうなるのでしょうか。楽しみに待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/01

くるり/NIKKI

くるり/NIKKI

くるり/NIKKI

くるり6枚目のアルバム。Amazonのレビューを見ると、結構賛否両論だな。
ま、確かに落ち着いたアルバムで、派手さはあんまりない。

個人的にはくるり、Whoの巻みたいな感じ。
くるりがこんなにストレートに影響をもろみせしたのははじめてかな。
確かにこれまでのどろどろ感は消え去ってるし、「お祭りわっしょい」とかこんな歌詞を書く人だとは思わなかったなぁ。この曲に関しては、タイトルもそうか。

ぼくはこのアルバムを支持します。よく聴いてるしね。

# ところでAmazonのジャケット写真、ちゃんと正しいものに変更になったねぇ。リリース日はくるりのHPのプロファイルに載ってる写真(http://www.quruli.net/profile.html参照)が載ってたんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)