« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/30

RC Succession/Rhapsody Naked

RC Succession/Rhapsody Naked

RC Succession/Rhapsody Naked

すっかり間があいてしまいました。その間にいろいろと聴いてますが、なかなか書けずにいました。うーん。

さて、いろいろと聴いているものを書いていこうとは思っていますが、とりあえずここからです。
なんとRCのRhapsody録音公演のフル録音版が出てしまいました。オリジナルのRhapsody自体確か高校生の時以来聴いてないので、まじで久しぶりです。
そもそもこんなものがあるとは思ってなかったので、そこでびっくりしたんですが、うる覚えの中でも確かにRhapsodyリリース時にアレンジとかを変えた部分は認識できました。
それとまじでラブソングです。最近こんなにまじでラブソングやりますというライブも知りません。それに冒頭のMCでこれからラブソングやりますと清志郎が言ったところは正しいRock 'n' Rollが生きていたんだなという実感を呼び起こさせてくれます。あと、ラブソングは強いね、風化しないし。

DVDはおまけの領域を超えませんが、このCD自体はこういうリリースをした価値があるでしょう。
日本のRockのライブアルバムの永遠の金字塔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

追悼 Eddie Guerrero

今日は普段の流れとは関係ない。だけど、書かないわけにはいかない気分だ。
WWEのレスラー、Eddie Guerreroが11/13の朝(現地時間)に亡くなった。原因は現時点ではわかっていない。
WWEの全盛だった1998年〜2000年頭までUSに住んでいたころからのWWEファンだが、現役のレスラーが亡くなったのは、Owen Hartが亡くなった時以来じゃないだろうか。
あの時もそうだったが、悲しすぎる。
Eddieは誰もが認める天才的なレスラーだった。身体が大きいわけではないし、人種的にもラティーノで恵まれているわけではない。でも、ずるして嘘つき泥棒のストーリーラインは最近では本当に面白かったストーリーラインのひとつだし、去年タイトルもとったばかりじゃないか。Ray Mysterioとの抗争の間の大悪役モードからいんちきっぽいフェイスへの転向、そして来たるべく大ヒールへの再転換を楽しみにしていただけに本当に残念だ。
本当にこれからだったのに今亡くなるのは早すぎる。
現地の今週のRawとSmackDownは両番組とも追悼番組。本当に惜しい人材をなくした。
ずるして天国から戻ってきておくれ。
R. I. P.

1564116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

Baby Shambles/Down In Albion

Baby Shambles/Down In Albion

Baby Shambles/Down In Albion

あ、本当にちゃんと出た、ってところが正直なところじゃないだろうか。
プロデューサーはLibertinesの時同様、Mick Jones。Mick Jonesは猛獣使いか?
よくきちんと最後までやらせたものだと思う。
内容的には、ぼろぼろだなぁ。久しぶりにすげぇDrag臭のするレコードだ。
個人的なハイライトは1曲目の"La Belle Et La Bête"のエンディングから、Fuck Foreverのイントロに入っていく部分。
この後はどうしていくんだろうか、Pete Doherty。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

Ian Brown/The Greatest UK2枚組

ようやく入手できました、Ian Brownの2枚組ベスト。最近こんなに苦労することもなかったので、手に入れた喜びは久しぶりに大きいです。DIsk Unionの通販サイトでも取り扱っていて、それをみて急いで店舗に行きました。ちなみに新宿のDisk Unionで¥5,030(税込)でした。正直Amazonで\4,284で出ていたのと比べても、値段的にはちと高いかとは思います。ものはあるんだけど高いDisk Unionなので仕方がないかもしれません。
その後調べても、US2枚組に関してはどこにも記述がないので、多分HMVの間違いだったのでしょう。

さて、内容ですが、48ページのブックレットに2枚のCDがついている構成です。
ブックレットで珍しかったのは、Ian BrownモデルのAdidas SuperStar!! まさかこんなこともしていたとは。あと、Harry Potterに出たときのShotとか、F.E.A.R.のPVでのむちゃくちゃ車高の低い自転車乗ったShotが個人的には好きです。

CDの1枚目はUK1枚ものと同じです。USで買ってきてしまったUS盤と比べると、WhisperとReturn Of The Fishermanが多くなっています。

CDの2枚目ですが、Amazon(Japan、UKとも)で書いてある曲は間違いで、正しくはこんな感じで13曲入りです。
1. Can't See Me [Harvey's Invisible Mix]
2. My Star [2002]
3. Dolphins Were Monkey's [UNKLE Versus South Remix]
4. F.E.A.R. [UNKLE Remix]
5. Thriller
6. Billie Jean
7. Time Is My Everything [Stateside Hombres Overeasy Mix]
8. See The Dawn
9. Superstar
10. Time Is My Everything [Them Lads Remix]
11. Desire-Gus Gus Vs Ian Brown [Ian Brown Full Length Remix]
12. F.E.A.R.-Feat. Sweetie Irie [DJ Mek Bulletproof Freestyle Version]
13. Submission [Interview With Steve Jones For ''Jonesy's Juke Box 103.1LA]

この中での聴き所はやはりThriller、Billie Jeanのカバーでしょう。個人的にはBillie Jeanの方が好きです。その他、10,11,12,13はIanのシングルはほとんど買ってたはずですが、聴いた記憶がありませんでした。最後の”Submission”に関しては、弾き語りでの曲で、SummerSonicでやったようなバンド演奏ではなかったので、結構最後に拍子抜けさせられる感じはなきにしもあらずです。ま、おまけならではという感じではありますが。

全体的にはIanのソロキャリアをたどるのには絶好の1枚でしょう。曲の出来にばらつきがあるのは事実なので、このようにまとめて聴くと非常に好印象を得る1枚だと思います。2枚組に関しては、正直マニア向けですね。BillieJeanは1枚目に入れてくれればなおよかったんですけど。

ianuk22枚組ジャケット。本の分だけ縦長。


DSC00020以下、自分が撮った写真できたないですが、ブックレット中のF.E.A.R.のPVでの写真。


DSC00021Adidasとのコラボ。


DSC00024CDはこう入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/05

I Bet You Look Good on the Dancefloor/Arctic Monkeys

Arctic Monkeys/I Bet You Look Good on the Dancefloor EP

Arctic Monkeys/I Bet You Look Good on the Dancefloor EPより

いやいや、この曲は確かにかっこいい。それは否定はできんでしょう。CSでPVを見たのが最初だが、それでもってかれました。まさかデビュー前からこんなにPVが流されてるとは思ってなかったけど。
NMEがさわぐのもわからんでもない。ちと、ハイプっぽい感じも出てきてはいるけど、おそらく来年には出てくるであろうアルバムで証明されるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)