« The Rolling Stones/A Bigger Bang (1) | トップページ | Stonesをやるべき理由 (The Rolling Stones/A Bigger Bang (3)) »

2005/09/04

Charlieがすげぇ (The Rolling Stones/A Bigger Bang (2))

"A Bigger Bang"の1曲目"Rough Justice"でやられる人は多いと思うが、この曲に限らずCharlie Wattsのドラムは本当にすごい。そこら中で語られていることだが、StonesのコアたるCharlieがいなかったら、というのはファンの立場から見ても、結構つらいものになってしまうだろう。そういう意味で本当にがんから帰ってきてよかった。というか、本当にがんから帰ってきた男のドラムなんだろうか?
Charlie Watts万歳。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87410/5774338

この記事へのトラックバック一覧です: Charlieがすげぇ (The Rolling Stones/A Bigger Bang (2)):

コメント

確かに。本当にチャーリーがいなかったらつらいなんてもんじゃないし、チャーリーのあの独特のリズムこそがストーンズと言ってもいいと思うし。とにかくすごすぎ。

投稿: nimy | 2005/09/23 14:56

確かにチャーリーワッツのドラムは凄い!!
ここにきて、まだまだ加速して転がり続ける
なんて奴等はバケモノか?

投稿: ジョニー | 2005/09/06 07:35

コメントを書く